振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

知立市の映画館

f:id:AyC:20200501194405j:plain

(写真)知立神社の拝殿。登録有形文化財

2020年(令和2年)、愛知県知立市を訪れました。知立市に映画黄金期からあった映画館としては「知立第一劇場」「知立劇場」「知立オリオン座」の3館があり、1970年代末に開館した小規模映画館として「知立小劇場」がありました。映画館名簿に掲載されていない映画館としてネクステージ知立に「アミスタ知立」もありました。

 

 

1. 知立市を訪れる

知立市は愛知県の西三河地方にある人口約7万人の自治体。三河国の二宮である知立神社があり、近世には東海道の池鯉鮒宿(ちりゅうしゅく)の宿場町として栄えました。近代以降には東海道に沿って国道1号が建設され、名鉄の2路線が交差する交通の要衝でもありますが、自動車産業の盛んな西三河地方の中では工業化から取り残され、財源に余裕がない自治体でもあります。

f:id:AyC:20200502000559p:plain

(地図)愛知県における知立市。©OpenStreetMap contributors

 

 

2. 知立市を歩く

2.1 知立神社

中心市街地の北西端には知立神社 - Wikipediaがあります。式内社三河国の二宮であり、旧社格は県社です。「東海道三大社」(他の2社は三嶋大社熱田神宮)を自称していまが、他の2社と比べると知名度が低いように思われます。

境内には室町時代の永正6年(1509)竣工の多宝塔があり、神宮寺の名残とされています。神社における多宝塔は全国で3棟しかないようで、重要文化財に指定されています。多宝塔の脇にある千人燈は戦前(戦時中?)に建てられた常夜燈のようですが情報が少ない。他地域でも戦時中に常夜燈を建てる文化があるのでしょうか。

境内の西側には近代建築の養生館があります。1885年(明治18年)に知立城址に建てられ、明治用水土功会事務所、愛知工芸学校、知立裁縫女学校として使われた後、1935年(昭和10年)に境内に移築された洋館です。2013年(平成25年)には本殿や拝殿など6の建物が登録有形文化財に登録されましたが、養生館は文化財に登録されることもなく、物置のような状態で今日に至っています。大々的に活用されることはないと思われ、いつかひっそり取り壊されそう。

f:id:AyC:20200501194428j:plainf:id:AyC:20200501194508j:plain

(左)知立神社の多宝塔。重要文化財。(右)知立神社の養生館。文化財指定なし。

 

境内の神池には錦鯉が泳いでおり、神池に架かる石橋は知立市指定有形文化財です。知立市 - Wikipediaには鯉や鮒がいた神池が「池鯉鮒」という当て字の由来と書かれていますが、知立市教育委員会御手洗公園付近にあった御手洗池が池鯉鮒という当て字の由来とする説を挙げており、御手洗公園には御手洗池跡の石碑と説明看板がありました。

f:id:AyC:20200501194440j:plainf:id:AyC:20200501194448j:plain

(左)知立神社の神池。石橋は知立市指定有形文化財。(右)御手洗池跡。

 

毎年5月2日・3日には知立まつり - Wikipediaが開催されます。「知立山車・文楽」は国指定重要無形民俗文化財であり、ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」を構成する33件のひとつでもあります。2020年(令和2年)はコロナ禍の影響で、一部の神事を除いて中止になってしまいました。

f:id:AyC:20200501194523j:plainf:id:AyC:20200501194529j:plain

(写真)2019年の知立まつり。(左)知立神社の境内。(右)山車の曳き回し。

 

2.2 旧池鯉鮒宿周辺

知立神社から旧池鯉鮒宿方面に向かうと、知立まつりで山車を披露する5町の山車蔵がありました。旧池鯉鮒宿周辺には古い街並みが残されているわけではないものの、開発から取り残された路地が張り巡らされており、期待せずに歩くと思わぬ拾い物ができるかもしれません。旧東海道を中心としたルートは「新日本歩く道紀行100選」に選定されており、要所に史跡などが記されたルート図が設置されています。

f:id:AyC:20200501194537j:plain

(写真)知立まつりの山車蔵。本町。東海道に面している。

f:id:AyC:20200501194547j:plainf:id:AyC:20200501194555j:plainf:id:AyC:20200501194609j:plain

(写真)知立まつりの山車蔵。(左)中新町。(中)西町。(右)山町。

 

味のある街並みがもっとも残っているのは、かつて碧海郡役所が置かれていた西町の知立城址周辺です。下の写真には近代の明治天皇駐蹕址、近世以前の了運寺、昭和戦後のカネ幸商店と、3つの異なる時代の建造物が1枚に写っており、この町の豊かな歴史や文化が感じられます。市民の町への愛着を深めるために、知立神社や旧池鯉鮒宿周辺の街並みが持つ有形・無形の文化遺産はもっと活かせるのではないかと思いました。

f:id:AyC:20200501194625j:plain

(写真)知立城址周辺。左は明治天皇駐蹕址、奥は了運寺、右はカネ幸商店。

 

2.3 知立市の商店街

昭和戦後の知立の町の中心は、名鉄知立駅の北側にある知立駅前交差点周辺です。この交差点の東は知立中央通りであり、ピンク色がアクセントになった街路灯が印象的です。

かつて知立駅前立体駐車場の場所には知立町役場や知立町公会堂があり、知立中央通りに面した南端部には「公會堂」と書かれた門柱が残されていました。

f:id:AyC:20200501194802j:plainf:id:AyC:20200501194825j:plain

(写真)知立中央通り。(左)知立駅前交差点。

 

知立中央通りからは新駅通りが分岐しており、新駅通りは飲食店が連なっています。知立中央通りや新駅通りの終点からは南北に新地通りが伸びていますが、新地通りは近世以前からあった吉良道(西尾街道)の北端にあたり、中町交差点周辺には古い民家も残されています。

f:id:AyC:20200501194836j:plain

(写真)新駅通りと知立中央通りの分岐点。

f:id:AyC:20200729001827j:plain

(写真)1965年頃の新駅通りと知立中央通りの分岐点。上の写真と同じ構図。『写真でたどる知立 知立市制40周年記念企画展』知立市歴史民俗資料館、2010年。

f:id:AyC:20200501194844j:plainf:id:AyC:20200501194852j:plain

(左)新駅通り。(右)新地通り。

 

2.4 知立っぽい写真

歌川広重は『東海道五十三次 池鯉鮒』で馬市を描いています。毎年4月から5月には池鯉鮒宿の東方にある原野で馬市が開かれていたようで、明治時代に馬市が移った慈眼寺には馬市の跡の石碑がありました。慈眼寺からさらに東に行くと、旧東海道に沿って松並木があります。さらに東にはカキツバタで知られる無量寿寺があり、平安時代在原業平が詠んだ八橋はこの付近とされています。

f:id:AyC:20200501223757j:plain

(写真)歌川広重東海道五十三次 池鯉鮒』。

f:id:AyC:20200501194906j:plainf:id:AyC:20200502002104j:plainf:id:AyC:20200501194915j:plain

(左)慈眼寺にある馬市の跡の石碑。(中)無量寿カキツバタ。(右)旧東海道知立松並木。

 

 

3. 知立市の映画館

f:id:AyC:20200502000735p:plain

(写真)1960年代の知立市街地。国土地理院 地理院地図

f:id:AyC:20200502000828p:plain

(写真)2007年の知立市街地。国土地理院 地理院地図

 

3.1 知立オリオン座(1952年-1961年)

所在地 : 愛知県碧海郡知立町中山町77(1960年)
開館年 : 1952年9月
閉館年 : 1961年
地図 : 消えた映画館の記憶地図
1950年の映画館名簿には掲載されていない。『全国映画館総覧 1955』によると1952年9月設立。1955年・1958年の映画館名簿では「オリオン座」。1960年・1961年の映画館名簿では「知立オリオン」。1962年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の全航空住宅地図帳では跡地に「岡崎信用金庫知立支店」。1984年の航空住宅地図帳では跡地に「山本学園 体育館・講堂」。現在の跡地は「山本学園1号館」。最寄駅は名鉄名古屋本線知立駅または名鉄三河線三河知立駅

現在の山本学園1号館の場所には知立オリオン座がありました。1952年(昭和27年)に知立町で2番目に開館した映画館であり、1961年(昭和36年)に知立町でもっとも早く閉館した映画館でもあります。

f:id:AyC:20200501194809j:plainf:id:AyC:20200501194938j:plain

(左)知立オリオン座跡地にある山本学園1号館。(右)左端が山本学園一号館。右は廃業した旅館 一心亭。奥は日本料理店 魚の秀春や日本料理店 重兵衛。

f:id:AyC:20200729000821j:plain

(写真)1955年頃の知立オリオン座で撮影された記念写真。『写真でたどる知立 知立市制40周年記念企画展』知立市歴史民俗資料館、2010年。

 

3.2 知立劇場(1926年-1975年)

所在地 : 愛知県知立市中山町77(1973年)
開館年 : 1926年8月
閉館年 : 1975年
Wikipedia知立劇場
地図 : 消えた映画館の記憶地図
『全国映画館総覧 1955』によると1926年8月設立。1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「知立劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の全商工住宅案内図帳では「知立劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「知立劇場」。1973年の全航空住宅地図帳では「知立劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1984年の航空住宅地図帳では跡地に駐車場。現在の跡地は「鈴木洋服店」の20m東にある月極駐車場。最寄駅は名鉄三河線三河知立駅

1901年(明治34年)には知立町に演劇場の東雲座が開館し、1910年(明治43年)には知立出身の歌舞伎俳優である坂東蓑助一座も来演しています。1926年(大正15年)8月には東雲座の後継館として知立劇場が開館し、1950年(昭和25年)に改築して映画館となりました。

知立劇場があったことから、旧東海道の中町交差点より東側は劇場通りと呼ばれていました。1951年(昭和26年)まではこの道路が国道1号であり、その後国道1号は新設された道路に2度移って現在に至っています。現在の跡地は駐車場と三角屋根の民家2棟などであり、知立劇場の面影はまったくありません。劇場通りの商店もぽつぽつと残っている程度であり、商店街ではなく住宅街になっている印象です。

f:id:AyC:20200501194946j:plainf:id:AyC:20200501194958j:plain

(左)知立劇場跡地にある駐車場と民家。(右)旧東海道。右が知立劇場跡地。

f:id:AyC:20200729001021j:plain

(写真)1950年の知立劇場。『写真でたどる知立 知立市制40周年記念企画展』知立市歴史民俗資料館、2010年。

 

3.3 知立第一劇場(1955年-1994年)

所在地 : 愛知県知立市内幸町平田43(1990年)
開館年 : 1955年12月
閉館年 : 1994年
地図 : 消えた映画館の記憶地図

1955年・1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「第一劇場」。1960年の映画館名簿では「知立第一劇場」。1963年の映画館名簿では「知立第一東映」。1963年の全商工住宅案内図帳では「東映第一」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1993年の映画館名簿では「知立第一劇場」。1973年の全航空住宅地図帳では「第一劇場」。1984年の航空住宅地図帳では「第一劇場」。1994年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は戸建て住宅地。最寄駅は名鉄三河線三河知立駅

1955年(昭和30年)に知立町3番目の映画館として開館したのが知立第一劇場です。名鉄三河線三河知立駅に近く、新地通りのすぐ東側に並行する通り沿いにありました。知立町に3館の映画館があったのは、知立オリオン座が閉館する1959年(昭和34年)までの4年間にすぎませんが、知立第一劇場はアミスタ知立が開館する1994年(平成6年)まで生き延びます。

『写真でたどる知立 知立市制40周年記念企画展』(知立市歴史民俗資料館、2010年)や『碧海の昭和』(樹林舎、2012年)には知立第一劇場の写真が掲載されています。2007年(平成19年)に撮影された航空写真にはまだ知立第一劇場の建物が写っています。建物はその後取り壊されて、跡地は数軒分の戸建て住宅地となっています。周囲も商店の少ない住宅地であり、この場所に映画館があったようには見えません。

 f:id:AyC:20200501195008j:plainf:id:AyC:20200501195015j:plain(左)右奥の茶色の民家が知立第一東映跡地。(右)左奥の茶色の民家が知立第一東映跡地。 左前の駐車場は下の写真にも写っている。

f:id:AyC:20200729001134j:plainf:id:AyC:20200729001129j:plain

(左)1965年の知立第一劇場。「東映第一劇場」とある。『写真でたどる知立 知立市制40周年記念企画展』知立市歴史民俗資料館、2010年。(右)1966年の知立第一劇場。「東映」の文字がない。『碧海の昭和』樹林舎、2012年。
 

3.4 アミスタ知立(1994年-????年)

所在地 : 愛知県知立市長篠町大山18-1 ネクステージ知立
開館年 : 1994年11月10日?
閉館年 : 不明
地図 : 消えた映画館の記憶地図

『映画館名簿』に掲載されていない映画館として、大型ショッピングセンターのネクステージ知立にアミスタ知立があったそうです。ネクステージ知立は1994年(平成6年)に開店した商業施設であり、1998年(平成10年)にはギャラリエアピタ知立に改称しています。ギャラリエアピタ知立は現在も営業しており、現在はセガワールド知立がある部分が映画館だったそうですが、なぜ『映画館名簿』に登場しないのかはわかりません。

f:id:AyC:20200501230307j:plain

(写真)ギャラリエアピタ知立CC BY-SA 4.0 - photo by ButuCC

 

3.5 知立小劇場(1970年代末-2008年)

所在地 : 愛知県知立市栄2-8(2005年)
開館年 : 1978年以後1980年以前
閉館年 : 2008年
地図 : 消えた映画館の記憶地図
1978年の映画館名簿には掲載されていない。1984年の航空住宅地図帳では「マイアミ知立店 映画小劇」。1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2006年の映画館名簿では「知立小劇場」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅は名鉄名古屋本線三河線知立駅

1954年(昭和29年)から刈谷市刈谷日劇を経営するプラザ知立によって、1970年代末に名鉄知立駅前に開館した映画館が知立小劇場です。商業ビルの2階にあった60席の小規模映画館であり、洋画や成人映画を上映していました。2008年(平成20年)の閉館後に建物は取り壊され、2023年度(令和5年度)に完成予定の知立駅高架化事業用地となっています。

f:id:AyC:20200501231628j:plain

(写真)知立小劇場が営業していた頃の知立駅。現在は取り壊されて仮駅舎に。CC BY-SA 4.0 - photo by ButuCC

 

知立市の映画館について調べたことは「西三河地方の映画館 - 消えた映画館の記憶」にまとめており、跡地については「消えた映画館の記憶地図」にマッピングしています。

hekikaicinema.memo.wiki

www.google.com