振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

刈谷市を訪れる

f:id:AyC:20210510080645j:plain
(写真)刈谷市役所。

2020年(令和元年)3月、愛知県刈谷市を訪れました。刈谷市では現在も「刈谷日劇」が営業を続けており、かつては「大黒座」と「刈谷映画劇場」もありました。

刈谷市の映画館」から分割しました。

ayc.hatenablog.com

 

1. 刈谷市を訪れる

刈谷市は愛知県の西三河地方にある人口約15万人の町。主産業は自動車産業であり、JR刈谷市駅前の南北にはデンソーアイシン精機豊田自動織機などトヨタ系企業の本社や工場があり、航空写真を見るとかなり存在感があります。

f:id:AyC:20200413222705p:plain

(地図)愛知県における刈谷市の位置。©Openstreetmap contributors

 

 

2. 刈谷市を歩く

2.1 刈谷市駅前商店街

JR刈谷駅から名鉄三河線に乗り換えて南に1駅の場所が刈谷市駅です。かつて刈谷市の繁華街は刈谷市駅の西側にあったようです。大型商業施設や大規模工場などが多い刈谷駅前と比べると、刈谷市駅前は高層マンションが目立ち、日中は乗降客も少なくて静かです。愛知県立刈谷高校刈谷北高校も刈谷市駅が最寄駅です。

f:id:AyC:20200327134241j:plain

(写真)名鉄三河線刈谷市駅

 

刈谷市駅と銀座通りをつないでいるのが刈谷市駅前商店街であり、特に通りの南側には高度成長期に建てられた3階建てのビルが一列に連なっています。刈谷市駅に近い場所にある旅館旭屋が気になりますが、すでに廃業しているようです。

f:id:AyC:20200428175049j:plain

(写真)刈谷市駅前商店街。奥は刈谷市駅

f:id:AyC:20200428174925j:plainf:id:AyC:20200428174945j:plain

(写真)刈谷市駅前商店街。(左)刈谷市駅に近い商店街東側。中央が旅館旭屋。(右)商店街中央部のビル。冨士洋服店

 

2.2 銀座通り

銀座通りの西側

かつて刈谷市でもっとも賑わっていた通りは銀座通りです。2010年代には銀座通りの西側で銀座AB地区整備事業などの再開発事業が行われ、2020年(令和2年)2月にはエクセルグランデ銀座タワーが竣工しました。この商業施設兼マンションは地上28階建て・高さ95mとのことで、刈谷駅前のAKARIYAを上回って刈谷市最高層の建築物となりました。銀座通りの西側では銀座タワー以外の部分にも戸建て住宅地が建設されており、商店街だったころの面影はありません。

f:id:AyC:20200327134341j:plain

(写真)銀座の街並み。正面はエクセルグランデ刈谷銀座タワー。

f:id:AyC:20200428174734j:plainf:id:AyC:20200327134352j:plain

(左)銀座の街並み。右奥はエクセルグランデ刈谷銀座タワー。(右)銀座通り。左は近年に建設された戸建て住宅地。右は松秀寺。

 

銀座通りの西側には通りに面して松秀寺があり、竜宮造の山門が印象的です。松秀寺の境内には秋葉神社があり、秋葉神社では重さ約60kgの張り子人形を一人で担いで舞う万燈祭が開催されます。2019年(平成31年)3月には刈谷市歴史博物館が開館し、肩に乗せて担ぐ体験ができる万燈が常設展示されています。

f:id:AyC:20200327134400j:plainf:id:AyC:20200327134409j:plainf:id:AyC:20200428174638j:plain

(左)松秀寺の本堂。(中)松秀寺の山門。(右)松秀寺の境内にある秋葉神社

f:id:AyC:20200413225831j:plain

(写真)万燈祭で用いられる張紙人形。刈谷市歴史博物館。

 

菊廣瀬酒造

現在の刈谷市に酒蔵はありませんが、かつては銀座4丁目付近に菊廣瀬酒造があり、1960年代の航空写真などでは強烈な存在感を放っています。菊廣瀬酒造の仕込み蔵は廃業後に移築されており、犬山市博物館明治村で見ることができます。桁行18間(約33m)という大きな建物であり、2004年(平成16年)には登録有形文化財に登録されています。

f:id:AyC:20200327134454j:plain

(写真)銀座にあった菊廣瀬酒造の跡地付近。

f:id:AyC:20200413201843j:plainf:id:AyC:20200413201850j:plain

(写真)犬山市博物館明治村にある菊の世酒蔵。菊廣瀬酒造の仕込み蔵を移築。


2.3 刈谷市の銭湯跡地

刈谷浴場

銀座通りは「新栄町北」交差点を境に東西に分かれますが、銀座通りの東側は西側よりもわずかに商店街の雰囲気を残しています。刈谷浴場は2011年(平成23年)に廃業しましたが、モザイクタイルの壁面や円柱が印象的な建物は2020年(令和2年)現在も存命です。

f:id:AyC:20200327134438j:plain

(写真)刈谷浴場。2011年廃業。

f:id:AyC:20200327134425j:plainf:id:AyC:20200327134447j:plain

(左)銀座通りの東側。右手前が刈谷浴場。(右)刈谷浴場のモザイクタイル。

 

上天温泉

刈谷市駅から南西に向かう通り沿いには上天温泉がありました。1927年(昭和2年)に開業し、1999年(平成11年)に廃業しています。設計は碧海郡刈谷町に建築事務所を構えていた大中肇であり、昭和初期に鉄筋コンクリート造の銭湯は珍しかったようです。すっかり街並みに溶け込んでいますが、いつ取り壊されてもおかしくないように思えます。

f:id:AyC:20200428173855j:plainf:id:AyC:20200428173859j:plain

(写真)上天温泉。1999年廃業。

 

舞鶴市小橋を訪れる

f:id:AyC:20210422030129j:plain

(写真)舞鶴市立丸山小学校跡。

2021年(令和3年)3月、京都府舞鶴市小橋(おばせ)を訪れました。

 

1. 小橋を歩く

1.1 舞鶴市立丸山小学校(廃校)

1886年明治9年)2月吉日に三浜小学校として開校。1947年(昭和22年)に丸山小学校に改称し、1950年(昭和25年)には現在も残る木造校舎が竣工しています。1998年(平成10年)3月25日、舞鶴市立大浦小学校に統合されて閉校しました。

舞鶴市には唯一残る木造校舎だそうで、2005年(平成17年)の映画『男たちの大和』では原爆投下後の広島市の救護所として登場するそうです。廃校舎はNPO法人・地元住民・NPO法人舞鶴工業高等専門学校が協力して活用を進めており、2017年(平成29年)には舞鶴高専の生徒が校庭の南側に木製ベンチ「まるやまべんち」を設置しています。

f:id:AyC:20210422030213j:plain

(写真)舞鶴市立丸山小学校の正門。

f:id:AyC:20210422030228j:plainf:id:AyC:20210422030234j:plain

(写真)「丸山校跡」の碑。

f:id:AyC:20210422030240j:plainf:id:AyC:20210422030245j:plain

(左)敷地。右端は「まるやまべんち」。(右)敷地南西端にある三浜丸山古墳の碑。

 

1.2 松原神社・竜宮浜

f:id:AyC:20210422030256j:plainf:id:AyC:20210422030301j:plain

(左・右)松原神社の社殿。

 

丸山小学校跡や松原神社から約600m北には、コンクリート舗装された駐車場で本土とつながっているアンジャ島があります。一見すると陸繋島のようですが、かつては橋で本土とつながっていたようです。アンジャ島の沖合には磯葛島(いそかずらとう)と沖葛島(おきかずらとう)があります。

f:id:AyC:20210422030306j:plain

(写真)竜宮浜。左奥は磯葛島、中央左はアンジャ島。

牧之原市立図書交流館「いこっと」を訪れる

f:id:AyC:20210421211532j:plain

(写真)牧之原市立図書交流館「いこっと」の館内。

2021年(令和3年)4月18日、静岡県牧之原市牧之原市立図書交流館「いこっと」を訪れました。前日の4月17日に開館したばかりの図書館です。

牧之原市は2005年(平成17年)に榛原郡相良町(さがらちょう)と榛原町(はいばらちょう)が合併して発足した自治体です。蔵書数や貸出数などの指標は静岡県内最低レベルだったようで、新館の開館はどのような効果をもたらすのでしょうか。

 

 

1. 牧之原市立図書館の歴史

1.1 牧之原市立相良図書館(1986年-2020年)

1986年(昭和61年)4月、相良町保健センターの2階に相良町立図書館が開館。開館時の床面積は89m2、開館時の蔵書数は約7000冊です。89m2という狭さで "図書館" を名乗るのは当時としても珍しい気がします。2005年(平成17年)に牧之原市が発足したことで牧之原市立相良図書館に改称しています。

2021年(令和3年)の牧之原市立図書交流館「いこっと」の開館を機に閉館し、現在は図書交流館の閉架書庫として使用されているとのことです。てっきり牧之原市役所相良庁舎内にあると思っていましたが、保健センターは相良庁舎に隣接する別施設でした。

f:id:AyC:20210421211141j:plain

(写真)相良図書館があった牧之原市相良保健センター(2階建て部分)、隣接する牧之原市役所相良庁舎(4階建て部分)。

f:id:AyC:20210421211146j:plainf:id:AyC:20210421211151j:plain

(左)相良図書館の入口に向かう階段。(右)相良図書館の利用案内。
 

1.2 牧之原市榛原図書館(1979年-開館中)

1979年(昭和54年)7月、榛原町民文化センターの2階に、榛原町民文化センター図書室が開館。2005年(平成17年)に牧之原市が発足したことで牧之原市立榛原図書館に改称しています。名称が "図書室" から "図書館" となったのは、相良図書館と合わせるためでしょうか。榛原町時代には相良図書館の約2倍の床面積があるのに名称が図書室というねじれ現象が起きていました。牧之原市発足時には建物名も牧之原市榛原文化センターに変わっています。時期は不明ですが、図書室の壁を一部撤去して館内を拡張したことがあるとのことで、現在の床面積は165m2です。

榛原市街地と相良市街地は約7km離れており、2021年(令和3年)の牧之原市立図書交流館「いこっと」の開館後も榛原図書館は存続。現在の蔵書数は約3万3000冊であり、一部は書庫(倉庫)に保管されています。

f:id:AyC:20210421210858j:plain

(写真)榛原図書館が入る牧之原市榛原文化センター。2017年11月。

 

2. 牧之原市立図書交流館「いこっと」(2021年-)

2.1 「いこっと」の開館

牧之原市役所相良庁舎から西に約500m、国道473号の西側には、ミルキーウェイショッピングセンターを含めてロードサイド店舗が集まった一角があります。2019年(令和元年)9月にはミルキーウェイショッピングセンターの中核店舗であるホームセンターのジャンボエンチョー相良店が閉店しています。

牧之原市は建物の所有者であるスーパーラックと協力し、2020年(令和2年)8月には官民複合施設のミルキーウェイスクエアが暫定オープン。ジャンボエンチョー相良店の跡地を居抜きの形でリノベーションし、2021年4月17日に牧之原市立図書交流館「いこっと」が開館。これによってミルキーウェイスクエアは正式オープンとなりました。

開館時の蔵書数は約4万冊であり、うち約3万冊が開架にあるとのこと。図書館部分の床面積は815m2であり、相良図書館時代の約9倍にもなるそうです。

f:id:AyC:20210421211913j:plainf:id:AyC:20210421211917j:plain

(左)ミルキーウェイスクエアの入口。(右)図書館のフロアマップ。 

 

2.2 「いこっと」の館内

「いこっと」の設計(建物内のリノベーション)を担当したのは、三浦丈典さんが代表を務める設計事務所スターパイロッツ。「いこっと」の開館に続いて、2022年(令和4年)3月には東京都の瑞穂町図書館の開館が、同じく2022年(令和4年)3月には高知県四万十町文化的施設の開館が控えています。

スターパイロッツは図書館を新しい形の公共空間とすることに定評があるようで、2017年(平成29年)11月の図書館総合展ではアカデミック・リソース・ガイド社のブースでトークイベントを開催したり、2020年(令和2年)4月には県立長野図書館の「信州・学び創造ラボ」開設1周年記念フォーラムでメインゲストとなっています。

ミルキーウェイスクエアの建物内はとても開かれた空間であり、図書館部分、交流スペース部分、カフェ部分には明確な仕切りが存在しません。一般的な図書館の入口には扉やゲートがあるものですが、「いこっと」にそのような仕切りは存在しません。牧之原市立相良図書館は古くさいタイプの図書室であり、"熱心な読書家" や "親子連れ" などに利用者層が限られていたように思われます。

隣接する吉田町の吉田町立図書館の蔵書数は約12万冊、御前崎市御前崎市立図書館アスパルの蔵書は約25万冊。数字だけ見ると約4万冊という「いこっと」の蔵書数は物足りないですが、「『図書館』ではなく『本がある交流空間』」と考えてみたい。相良図書館と比べると「いこっと」への入りやすさは段違いです。ただし、設計者の意図を活かせるかどうかは運用者や利用者次第だとも感じました。

f:id:AyC:20210421212049j:plain

(写真)ミルキーウェイスクエアの内部。カフェスペースから奥の図書館部分を見る。

f:id:AyC:20210421211848j:plain

(写真)フロア中央部の閲覧席。

 

「いこっと」の入口にはメインのテーマ展示架があり、こどもの日に向けた鎧飾りが目立っています。メインのテーマ展示架からまっすぐ奥に進むと郷土資料コーナーがあり、郷土資料の中でも「茶」に関する資料が別置されていますが、牧之原市のブランドである静岡牧之原茶について詳しくわかるわけではない。郷土資料コーナーの脇に静岡牧之原茶に関する常設展示がありますが、ビジュアルを重視した展示という印象が強く、郷土資料を展示に絡めていけたらと思いました。

f:id:AyC:20210421211935j:plainf:id:AyC:20210421211939j:plain

(左)メインのテーマ展示。(右)静岡牧之原茶の常設展示。

f:id:AyC:20210421211946j:plainf:id:AyC:20210421211949j:plainf:id:AyC:20210421211953j:plain

(左)閲覧席。禁止事項やフリーWi-Fiのサイン。(中)パソコン持込可能席。コンセントやLANポート。(右)ソファ席。

f:id:AyC:20210421212005j:plainf:id:AyC:20210421212014j:plain

(左)フロア中央部の閲覧席と実用書の書架。(右)一般書の書架。

f:id:AyC:20210421212019j:plainf:id:AyC:20210421212024j:plainf:id:AyC:20210421212028j:plain

(左)雑誌の書架。(中)姉妹都市であるアメリカ合衆国ケルソー市の紹介コーナー。(右)山崎善道氏からの寄贈書の書架。

f:id:AyC:20210421212054j:plainf:id:AyC:20210421212058j:plain

(左)フロア中央部の閲覧席と児童書の書架。(右)児童書エリアの「キッズワンダー」。

 

牧之原市立図書交流館「いこっと」は公式サイトを有していません。牧之原市役所公式サイト内に図書館に関するページがありますが、「いこっと」の開館時間や休館日などの基本的な利用案内すら探しにくい状態です。また、サイト内では "図書交流館「いこっと」" などという表記が用いられており、"牧之原市立図書交流館" または "牧之原市立図書交流館「いこっと」" という正式名称で検索したときに情報を得にくい状態です。

f:id:AyC:20210421212033j:plainf:id:AyC:20210421212044j:plainf:id:AyC:20210421212103j:plain

(左)書籍除菌機と自動貸出機。(中)天井から吊り下げられたサイン。(右)図書館内及び所蔵資料撮影許可証。 

与謝野町四辻の映画館

f:id:AyC:20210421075952j:plain

(写真)四辻八幡神社

2021年(令和3年)3月、京都府与謝郡与謝野町四辻を訪れました。かつて四辻には 映画館「市場劇場」がありました。四辻は正式には「よつつじ」と読みますが、地元では「よっつじ」と読まれることが多いようです。

 

1. 四辻を歩く

1.1 四辻八幡神社

四辻の中心からすぐ北には四辻八幡神社があります。ふとんのえびすやさんによると、丹後でも大宮売神社の石灯篭(重要文化財)や溝谷神社の石灯籠(京都府指定文化財)に匹敵するくらい古い石灯籠だそう。境内入口の狛犬も古い。境内社恵比寿神社には狛犬ならぬ "狛鯛" がありますが、いつ頃に製作されたものでしょうか。

f:id:AyC:20210421080040j:plain

(写真)永和4年(1378年)の銘がある石灯籠重要文化財

f:id:AyC:20210421080753j:plainf:id:AyC:20210421080009j:plain

(左・右)恵比寿神社の狛鯛。

 

1.2 与謝野町立図書館野田川分室

与謝野町立図書館野田川分室は与謝野町立中央公民館の一角にあり、床面積は122.71m2です。1982年(昭和57年)の野田川町中央公民館竣工時に2階に図書室が開館し、2003年(平成15年)のリニューアル時に1階に移っています。与謝野町立図書館加悦分室と同様に、郷土資料はカウンター奥の棚に保管されており、職員に声をかけないと手に取ることもできません。

f:id:AyC:20210421080044j:plain

(写真)与謝野町立図書館野田川分室。

 

2. 四辻の映画館

2.1 市場劇場(1952年頃-1967年頃)

所在地 : 京京都府与謝郡野田川町四辻(1966年)
開館年 : 1952年頃
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1952年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「市場劇場」。1966年・1967年の映画館名簿では「四辻市場劇場」。1968年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「京都北都信用金庫野田川支店」。最寄駅は京都丹後鉄道宮豊線与謝野駅。

映画館名簿には1953年版から登場しますが、和風建築のファサードに館名が「場劇場市」と右書きで記されていることを考えると、戦前から存在した劇場かもしれません。構造は木造2階建てで定員は350。1955年の映画館名簿では経営者・支配人が足立亥之助ですが、1964年の映画館名簿では経営者が矢野豊雲、支配人が正垣秋男に代わっています。

f:id:AyC:20210421080056j:plainf:id:AyC:20210421080052j:plain

(左)市場劇場跡地が面していた通り。(右)市場劇場跡地にある京都北都信用金庫野田川支店。

f:id:AyC:20210421081206j:plainf:id:AyC:20210421081211j:plain

(左)市場劇場。『四辻郷土史』(八幡神社社務所、1956年)。(右)市場劇場の広告。『与謝年鑑 昭和二十八年版』(橋立新聞社、1953年)。

f:id:AyC:20210510083735j:plain

(写真)市場劇場が掲載された映画館名簿。『全国映画館総覧 1955年版』(時事通信社、1955年)。

 

四辻地区公民館といとい製菓舗(いとゐ製菓舗)で映画館の話を伺いました。

四辻地区公民館の鍵を開けに来た男性(60代?)に話を聞くと、「京都北都信用金庫野田川支店の付近に映画館があった。小学生の時には先生に引率されて『ゴジラ』や『マタンゴ』を観た記憶がある。現在の丹後には映画館がないが、昔はそれぞれの町に映画館があった。加悦や口大野の映画館はまだ建物が残っているのではないか」とのこと。

私はこの日の午前中に口大野の映画館(大野劇場)跡地を見てきたばかりでした。加悦の映画館(加悦劇場)は残念ながら数年前に取り壊されてしまったようです。1960年代の航空写真には現在の四辻地区公民館の南側に巨大な建物が映っているのですが、「四辻地区公民館の南側には撚糸工場があった」とのことでした。

f:id:AyC:20210421080102j:plain

(写真)四辻地区公民館。

 

和菓子屋のいとい製菓舗の店主(70代?)に話を聞くと、「京都北都信用金庫野田川支店の場所が映画館の跡地である。私の父親の同級生が経営者であり、印刷屋を営む傍らで映画館も経営していた。中学生くらいまでは学年ごとに訪れる映画鑑賞会があり、『ゴジラ』などを観た。2階席もあったような気がする。小西薬局やファミリー衣料きしもとがある交差点が四辻の中心であり、映画館はやや町はずれにあった」とのことでした。店主に話を聞いている間にもお客さんが途切れず、地元に愛されている和菓子屋だと感じました。四辻の映画館に興味を示してくださる方もいました。

f:id:AyC:20210421080106j:plainf:id:AyC:20210421080111j:plain

(左)いとい製菓舗。(右)いとい製菓舗の「味土里」。

f:id:AyC:20210421223852p:plain

(写真)1964年の四辻。地図・空中写真閲覧サービス

 

四辻の映画館について調べたことは「京都府の映画館 - 消えた映画館の記憶」に掲載しており、跡地については「消えた映画館の記憶地図(近畿版)」にマッピングしています。

hekikaicinema.memo.wiki

www.google.com