振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

半谷音吉氏像を訪れる

(写真)「半谷音吉氏像」。

2023年(令和5年)4月、愛知県北名古屋市沖村の徳岩寺にある銅像「半谷音吉氏像」を訪れました。

 

半谷音吉(はんやおときち)はタイルメーカーである広正製陶の創業者です。なお、2020年(令和2年)9月から2021年(令和3年)1月には、岐阜県多治見市の多治見市モザイクタイルミュージアムで広正製陶の半谷孝コレクション「金型の精緻・精巧美の世界」展が開催されました。

 

1. 銅像「半谷音吉氏像」

徳岩寺(とくがんじ)は臨済宗妙心寺派の寺院。山号金剛山。本尊は十一面観世音菩薩。名古屋市中区栄3丁目(若宮八幡社の東のブロック)にある政秀寺の末寺。

18世紀後半に編纂された『張州雑志』では元和年間(1615年~1623年)創建とされ、金剛山徳厳寺として掲載されています。元和年間以前には真言宗の寺があったようです。旧西春町にある臨済宗妙心寺派のナカマ寺とともに、大本山妙心寺に団参する行事があるようです。文献には江戸末期に本堂が再建されたとありますが、近年にも建て替えられたようです。

参考文献

『西春町史 通史編 1』西春町、1983年

『西春町史 民俗編 2』西春町、1984

 

徳岩寺山門前の右手に銅像「広正製陶創始者 半谷音吉氏像」があります。

(写真)「半谷音吉氏像」。

 

2. 半谷音吉の経歴

2.1 幼少期

1894年(明治27年)6月20日、愛知県西春日井郡沖村字岡(現・北名古屋市沖村岡)に半谷音吉が生まれた。母はきぬであり、父は海部郡甚目寺町萱津の籾山金三郎であるが、母が音吉を身ごもった後に父が他界した。このこともあって母は籾山家にいられなくなり、実家の半谷家で音吉を生んだ。2人の兄と1人の姉がいたが、うち2人は籾山家に引き取られ、1人と音吉は半谷家に引き取られている。

半谷家は日吉神社の西にある旧家であり、1965年(昭和40年)時点の12~13代前、現存する家としては最も早くにこの集落に住み着いた。1901年(明治34年)に下拾箇村立沖尋常小学校に入学し、修学年間4年の卒業を前にして、1905年(明治38年)1月に名古屋の広瀬屋に奉公に入った。広瀬屋の経営者は岡部武助であり、二男の岡部金治郎は後に電子工学者となって文化勲章を受章している。

 

2.2 広瀬屋時代

広瀬屋は広小路通に面しており、広小路通を挟んで真向いには名古屋市役所があった。1907年(明治37年)には名古屋市役所が全焼し、跡地には1910年(明治43年)にいとう呉服店(現・松坂屋)が開店した。同年には鶴舞公園で第10回関西府県連合共進会が開催され、音吉は不二見焼の硬質陶器タイルを目にしている。

1918年(大正7年)には佐治製陶所の佐治孝太郎と提携してタイルの販売に携わるようになった。既に10年間の奉公年季は明けており、音吉は広瀬屋の第二番頭の地位にあった。

 

2.3 独立後

1919年(大正8年)3月5日に独立し、新栄町4丁目に広正商店を創業した。独立後の音吉は正太郎と名乗っており、広瀬屋の「広」と正太郎の「正」を組み合わせた商号である。同年12月29日には牛田かねをと結婚し、橦木町に新居を見つけた。

1925年(大正14年)3月5日には広正商店が相生町に移転した。1928年(昭和3年)12月、年商2万円に達していた広正商店は合名会社に改組した。1926年(大正15年)には千種区豊前町に豊前工場を、1929年(昭和4年)には勝川工場を操業させている。

 

1938年(昭和13年)には上海を視察し、1939年(昭和14年)には息子の正が満州を視察、1940年(昭和15年)には音吉が再び上海を視察した。1943年(昭和18年)、日東スレート工業所に改称した。1949年(昭和24年)、広正製陶に改称した。1957年(昭和32年)3月には第1号トンネル窯が完成し、1959年(昭和34年)12月には社屋を改築した。

 

2.4 死去

1961年(昭和36年)2月には音吉が死去した。1962年(昭和37年)6月には第2号トンネル窯が完成した。

 

参考文献

浅野四郎『半谷音吉伝』半谷正、1965年

(写真)独立当時の音吉。『半谷音吉伝』。

 

「図書館総合展2024 フォーラムin昭島」に参加する

(写真)アキシマエンシス。

2024年(令和6年)5月18日(土)、東京都昭島市のアキシマエンシスで開催された「図書館総合展2024 フォーラムin昭島」に参加しました。

 

1. イベント概要

1.1 図書館総合展とは

神奈川県横浜市パシフィコ横浜において、毎年11月初旬頃には図書館業界の見本市である「図書館総合展」本展が開催されます。

公共図書館大学図書館学校図書館専門図書館など各種別の図書館員、図書館システム関係の企業、出版業や印刷業など近接分野の企業、図書館コンサルタント図書館情報学の教員や学生、熱心な図書館利用者などが出展または来場し、図書館に関係するビジネスの場となるだけでなく、交流や情報交換の場にもなっています。

11月に行われる本展とは別に、年間に2~3地域で地域フォーラムと題されたイベントが開催されています。近年開館の公共図書館を図書館関係者にお披露目する場にもなっており、2024年度の第1回目の地域フォーラムが今回のイベントです。

(写真)図書館総合展が開催されるパシフィコ横浜。2019年11月。

1.2 「図書館総合展2024 フォーラムin昭島」

地域フォーラムの会場であるアキシマエンシスは2020年(令和2年)3月に開館したばかりの複合施設です。核となる施設は昭島市民図書館であり、その他には昭島市郷土資料室なども含まれています。

2016年(平成28年)に閉校となった昭島市つつじが丘南小学校の敷地を用いており、主となる国際交流教養文化棟は新築された建物ですが、つつじが丘南小学校の校舎と体育館は既存の建物が改修されて活用されています。

 

2020年(令和2年)3月は新型コロナウイルス感染症が世間をにぎわせており、アキシマエンシスは開館日から長期休館を余儀なくされています。実質的な開館日は同年6月9日であるほか、外出を自粛する風潮もあって大々的な開館の宣伝もできなかったと思われます。

この地域フォーラムは昭島市市制施行70周年記念事業に位置づけられており、昭島市の臼井伸介市長も挨拶を行っています。アキシマエンシスは興味深い複合施設であり、Wikipedia記事の作成を通じて認知度が向上することを期待しています。

(写真)アキシマエンシス。

 

1.3 edit Tangoの活動

私は市民団体「edit Tango」の一員として参加しました。edit Tangoは京都府北部の丹後地方を拠点とする団体であり、2023年(令和5年)12月に『ウィキペディアまちおこし』を出版された漱石の猫さんが主宰しています。

www.asahi.com

 

edit Tangoは丹後地方でウィキペディアタウンなどのWikipedia編集イベントを行うだけでなく、図書館総合展の本展や地域フォーラムなどにおけるアウトリーチ活動も行っています。図書館関係者や図書館に関心のある市民に対して、ブース出展やワークショップなどを通じてWikipediaの有用性を知ってもらうことを目標としています。

www.youtube.com

 

今回の「図書館総合展2024 フォーラムin昭島」には、edit Tangoから私(User:Asturio Cantabrio)と漱石の猫さん(User:漱石の猫)の2人が参加しました。

10時から12時には図書館に関心がある市民向けのワークショップ「ウィキペディア編集体験会 in 昭島市民図書館」、13時から17時には図書館関係者向けのブース出展「ウィキペディア展覧会 図書館総合展フォーラムinアキシマエンシス」と、対象が異なる2種類の活動を行いました。

 

2. ワークショップ「ウィキペディア編集体験会」

ワークショップ「ウィキペディア編集体験会 in 昭島市民図書館」の会場は昭島市民図書館1階の「交流ひろば」です。

昭島市民図書館の一般書の書架は、交流ひろばを中心として放射状に配置されており、図書館利用者の多くが交流ひろばの周りを通ります。交流ひろばの上部は吹き抜けになっており、交流ひろばで何らかのイベントを行っているときは、交流ひろばの賑わいが図書館全体に拡散するような設計になっています。

(写真)2階から見た交流ひろば。

 

東京都多摩地域は人口420万人を有する大きな地域ですが、ウィキペディアタウンなどのWikipediaイベントの開催自体が少なく、今後のWikipediaアウトリーチ活動が求められる地域です。ワークショップでは漱石の猫さんがPowerPointのスライドを用いてWikipediaの特徴や有用性について紹介した後、参加者に対して個別に編集相談を行いました。

参加者のひとりとして、多摩地域における図書館サポーター団体の方がいました。この方はこれまでにWikipediaの編集を行ったことがないとのことでしたが、「多摩地域における合唱団の活動について後世に伝えていきたい」という思いのある方でした。合唱団に言及している文献をお持ちでしたが、この文献以外には出典となりそうな文献が見つからないとのことでした。

このような状況で「〇〇合唱団」という記事を新規作成した場合、文章が少なすぎて削除されてしまう可能性も考えられます(いわゆる「特筆性」、Wikipedia:独立記事作成の目安 - Wikipedia 等も参照)。そこでより大きな記事、例えば「多摩市」の「文化」節に記述していく方法もあることを伝えました。ウィキペディアンではない参加者にとって独立記事作成の目安を考慮した上で最適な選択をするのは困難であり、昭島市でワークショップを行う意義があったと感じます。

(写真)漱石の猫さんによるWikipediaの説明。

 

3. ブース出展「ウィキペディア展覧会」

午後は体育館で図書館総合展のメインプログラムが行われ、図鑑の出版に関するトークセッションや、アキシマエンシスの開館に関するパネルディスカッションなどが行われました。edit Tangoは体育館内で「ウィキペディア展覧会」と題したブース出展を行い、イベント時間中にWikipedia記事を新規作成するデモンストレーション、舞台に登壇しての活動PRなどを行っています。

(写真)edit Tangoの活動PR。

 

edit Tangoでは、一般市民を対象としたWikipedia編集会やWikipedia編集相談会に加えて、図書館員や行政職員に対するWikipediaの有用性の周知も重要な取り組みだと考えています。「Wikipediaは信頼のおけないもの」だと考えている図書館員や行政職員は多いと感じますが、彼らの身近な題材で高品質な記事を投稿することで、Wikipediaに対する認識を変えてくれることを期待しています。

今回の会場はアキシマエンシスであり、昭島市ではアキシマクジラが町のシンボルとなっていることから、「アキシマエンシス - Wikipedia」とWikipediaアキシマクジラ - Wikipedia」を編集(新規作成)しました。

(写真)Wikipedia「アキシマエンシス」。

 

昭島市民図書館に対しては事前に2記事のレファレンスを依頼し、これらに言及している文献を集めてもらいました。これらの文献に加えて、郷土資料コーナーで独自に『広報あきしま』などを閲覧し、私がアキシマエンシスを、漱石の猫さんがアキシマクジラを新規作成しています。

5月20日には「アキシマエンシス」が、5月21日には「アキシマクジラ」が、それぞれWikipedia日本語版の利用者による選考を経てメインページに掲載されました。Wikipedia日本語版には一日に約100記事が新規作成されますが、メインページに掲載されるのはこのうちわずか3-5記事であり、質の高い記事だと認められたことになります。

また、アキシマクジラについては生物学に詳しいウィキペディアンによる大幅加筆もなされており、文章量はイベント終了時の約1.5倍となっています。多くの人が手を加えて作り上げるWikipediaの理念を体現した記事といえます。

(写真)アキシマエンシスにおけるアキシマクジラの原寸大化石レプリカ。

 

洋々医館跡を訪れる

(写真)石碑「洋々医館跡」。

2024年(令和6年)5月、愛知県碧南市鷲林町の史跡「洋々医館跡」を訪れました。

洋々医館は明治初期に近藤坦平によって設立された西洋式診療所であり、東海地方初の西洋式医学校である蜜蜂義塾も併設されていました。近藤坦平は三河地方における西洋医学の開祖とされています。なお、2019年(令和元年)には「近藤坦平 - Wikipedia」を作成し、この2024年(令和6年)5月には「近藤乾郎 - Wikipedia」を作成しています。

 

1. 近藤家と洋々医館

1.1 洋々医館の歴史

碧海郡鷲塚村(現・碧南市)に生まれた近藤坦平は、1872年(明治5年)に診療所の洋々堂(後の洋々医館)と医学校の蜜蜂義塾を設立しました。

当時の医者は主として漢方医であり、西洋医学を学んだ医師は農村部では稀だったようです。また、蜜蜂義塾は東海地方初の西洋式医学校であり、愛知医学校(現・名古屋大学医学部)が設立されたのは1877年(明治10年)のことです。

 

1891年(明治24年)、近藤坦平は東京帝国大学医科大学の鶴見次繁(近藤次繁)を婿養子に迎え、次繁をドイツとオーストリアに留学させますが、結局次繁は洋々医館の院長になることなく東京帝国大学医学部教授となっています。

三男の近藤乾郎は大阪高等医学校卒業後にドイツとオーストリアに留学し、帰国直後の1912年(明治45年)には坦平の跡を継いで洋々医館の院長に就任していますが、1914年(大正3年)には東京市四谷区北伊賀町に近藤病院を開業し、洋々医館の院長を務めたのはわずか2年のことでした。

その後は近藤家以外の医師が洋々医館の院長となっています。1965年(昭和40年)には近藤乾郎が死去したことで病院としての洋々医館が廃止され、1980年(昭和55年)には診療所としても閉鎖されました。建物は取り壊されて戸建て住宅地などとなり、1981年(昭和56年)には石碑「洋々医館跡」が建立されました。

2017年(平成29年)には碧南市藤井達吉現代美術館で『碧南の医人展』が開催され、その中心には近藤家の医師や洋々医館が据えられています。碧南市教育委員会によって図録『碧南の医人展』が刊行されています。

(写真)近藤坦平、近藤次繁、近藤乾郎。いずれも『三河知名人士録』尾三郷土史料調査会、1939年。

(写真)洋々倶楽堂の絵葉書。洋々医館の旧称である洋々堂のことと思われる。

1.2 洋々医館の跡地

洋々医館は川端蓮成寺周辺の3つの敷地からなる病院であり、診察室、手術室、レントゲン室、多数の病室、隔離病棟など、多数の建物があったようです。1943年(昭和18年)には南西の敷地にあった御文庫が鷲塚国民学校に移築されて学校図書館となっています。

(写真)昭和20年代の洋々医館。『碧南の医人展』碧南市教育委員会文化財課、2017年。

 

1962年(昭和37年)の『全商工住宅案内図帳 碧南市』には「洋々医館」「洋々病室」「病室」などの文字が見えます。近藤家の本宅(≒洋々医館の拠点)があったのは川端蓮成寺の西側にある敷地です。

(地図)『全商工住宅案内図帳 碧南市』住宅協会、1962年。愛知県図書館所蔵。

 

洋々医館は1980年(昭和55年)10月に閉鎖されました。地理院地図における1979年~1983年の航空写真では、すでに跡地に10軒分の戸建て住宅が建っているのが見えます。中央の敷地の一部が鷲林町ちびっ子広場となり、1981年(昭和56年)12月には公園の入口脇に石碑「洋々医館跡」が建立されました。

洋々医館の建物や塀などの痕跡はないように思われますが、中央の敷地の北東角にある和風建築の民家は洋々医館があった頃には旅館として使われていたとのことです。

(写真)洋々医館跡地周辺の航空写真。地理院地図

 

1.3 近藤家墓所

近藤家の菩提寺は鷲林町の遍照院であり、近藤家の墓所には10基以上の墓石が並んでいます。最も大きな墓石は近藤坦平が建立した父・近藤安中の墓「西涯近藤安中翁之墓」であり、同等の大きさの「鹿山近藤伯琴翁之墓」もあります。

(写真)近藤安中の墓。

(写真)近藤家の墓石群。中央奥右が近藤安中の墓。

(写真)近藤家の菩提寺である遍照院。

 

1.4 對馬家洋々医館薬医門・露竹

洋々医館の本宅の一部と門は安城市百石町1丁目の對馬家(つしまけ)に移築され、「對馬家洋々医館薬医門」「對馬家洋々医館露竹(茶室)」となっています。幕末に建てられたという薬医門は敷地南東門にあり、公道からも見ることができます。

(写真)對馬家洋々医館薬医門。2023年6月。

 

2. 『三河知名人士録』

近藤家の医師や洋々医館について最も詳しく書かれているのは『碧南の医人展』(碧南市教育委員会、2017年)ですが、国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧できる『三河知名人士録』(尾三郷土史料調査会、1939年)にも近藤坦平、近藤次繁、近藤乾郎の3人の経歴が掲載されています。

川口干拓を訪れる

(写真)川口干拓の災害復興建築。

2024年(令和6年)5月、愛知県碧南市川口町の川口干拓(碧南干拓)を訪れました。

戦後の1946年(昭和21年)から食糧増産のための干拓事業が行われ、1956年(昭和31年)に入植が開始された地区です。1959年(昭和34年)の伊勢湾台風後に建設されたコンクリートブロック造の災害復興建築(災害復興住宅)が10棟以上現存しています。

 

1. 碧南干拓建設事業

碧南市の南部、矢作川と蜆川に挟まれた三角地帯には大きな干拓地に農地が広がっています。文政11年(1828年)に斎藤倭助によって開発された前浜新田、1956年(昭和31年)に農林省によって開発された川口干拓の2地域からなります。

碧南市は東海地方最大の玉ねぎ産地だそうで、3月から5月にはあちこちの畑で玉ねぎの収穫と出荷作業が行われていました。

(左)川口町の玉ねぎ畑。(右)河方町の玉ねぎ畑。

(地図)碧南市における川口干拓(碧南干拓)の位置。『碧南干拓災害復旧事業記録』農林省名古屋農地事務局、1963年。

(地図)碧南干拓建設事業平面図。『碧南市史 第3巻』碧南市、1974年。

 

1.1 人造石の堤防

川口干拓は四方を堤防に囲まれています。西側・南側・東側の三方は1956年(昭和31年、※1959年の伊勢湾台風後に再建)に築かれた堤防ですが、北側は前浜新田の堤防として築かれた堤防であり、1901年(明治34年)以後の数年間には人造石によって補強工事がなされたとのことです。

人造石は土木技術者の服部長七によって発明された工法であり、コンクリートが普及する前に樋門・堤防・護岸などに用いられました。服部長七の没後100年にあたる2019年(令和元年)には碧南市藤井達吉現代美術館で企画展「没後100年 服部長七と近代産業遺産」が開催され、中部産業遺産研究会によってシンポジウムが開催されています。

(地図)干拓前の1888年~1898年、干拓後の1959年~1960年。今昔マップ

(写真)人造石が用いられた堤防。Googleストリートビュー

 

1.2 石碑「碧南開拓記念碑」

川口神社の南側にある川口ちびっ子広場には、川口干拓の入植40年を記念して1996年に建立された石碑「碧南開拓記念碑」があります。

(写真)石碑「碧南開拓記念碑」。

 

戦後すぐの時期に、碧海郡大浜町・棚尾町・旭村の各町村によって干拓地造成の運動が行われると、1946年(昭和21年)10月に農林省によって碧南干拓地造成工事が開始され、10年後の1956年(昭和31年)10月に竣工しました。

1955年(昭和30年)4月と1956年(昭和31年)10月に100戸が入植しましたが、うち愛知県から移住したのは50戸に過ぎず、他地域からは長野県26戸、山梨県14戸、岐阜県10戸が移住しています。総面積172ヘクタールのうち、畑が105ヘクタール、田が30ヘクタール、宅地が7ヘクタールとのことで、当初から畑を主体とした干拓地だったようです。

1964年(昭和39年)10月には碧南市川口町(かわぐちちょう)という町名が決定。なお、碧南市に152ある町名のうち151は「○○まち」と読みますが、戦後に造成された川口町のみは「○○ちょう」と読むようです。

1973年(昭和48年)3月には碧南開拓農業協同組合が解散して碧南市農業協同組合に加入。1993年(平成5年)4月には行政区が旭地区から大浜地区に移管されています。

(写真)石碑「碧南開拓記念碑」。

(写真)石碑「碧南開拓記念碑」。

 

1.3 川口神社

川口集落の北東端にある川口神社は、1970年(昭和45年)9月16日に建立された神社です。

(写真)川口神社。

 

祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)、速須佐之男命(はやすさのおのみこと)、迦具土神(かぐつちのかみ)。例祭は毎年4月第3日曜。2002年(平成14年)12月には京都・河原町五条の市比賣神社から合祀していますが、どういう理由からでしょうか。

(写真)看板「川口神社」。

(写真)看板「川口神社由緒」。

 

2. 災害復興建築

2.1 災害復興建築の建設

1959年(昭和34年)9月の伊勢湾台風では護岸堤防の71%が決壊し、入植した全100戸が流出するという甚大な被害を受けました。

川口干拓と同様に戦後に造成された名古屋・鍋田干拓では、318人の住民のうち133人が死去するというすさまじい犠牲が出ていますが、川口干拓では死者はいませんでした。

(写真)伊勢湾台風における川口干拓の被害。『ふるさとの想い出 写真集 明治大正昭和 碧南』国書刊行会、1980年。

 

伊勢湾台風後の1960年(昭和35年)から1961年(昭和36年)にかけて、川口干拓ではコンクリートブロック造で33棟の災害復興建築が建設されています。

川口干拓は入植者が100戸で災害復興建築は33棟。名古屋・鍋田干拓は入植者が144戸で災害復興建築は136棟。入植戸数と棟数の比率が大きく異なりますが、これが被害の大きさ(死者0人と死者133人)によるものなのか、役割の違い(避難小屋(?)と本宅)によるものなのかはわかりません。

参考:堀田典裕『伊勢湾台風復興住宅』の建築デザインに関する史的研究

(写真)伊勢湾台風後に建設された入植者住宅(災害復興建築)。『碧南干拓災害復旧事業記録』農林省名古屋農地事務局、1963年。

 

2.2 現存する災害復興建築

(写真)災害復興建築9。

(写真)災害復興建築1。

(左)災害復興建築2。(右)災害復興建築3。

(左)災害復興建築4。(右)災害復興建築5。

(左)災害復興建築13。(右)災害復興建築12。

 

太平洋戦争後には川口干拓のほかに、名古屋市の鍋田干拓西尾市の平坂干拓三重県桑名市の城南干拓も国費で開発されました。いずれも伊勢湾台風では大きな被害を受け、台風後にはコンクリートブロック造の災害復興建築が建てられています。

城南干拓のみは建物の形状がやや異なりますが、川口干拓、鍋田干拓、平坂干拓では同じ凸型のデザインの3階建てが建てられています。

(写真)名古屋・鍋田干拓の災害復興建築。『よみがえる鍋田干拓』鍋田開拓農業協同組合、 1969年。

 

2011年(平成23年)度時点で、川口干拓に建設された災害復興建築33棟のうち19棟が現存していたようです。それより数を減らしているものの、2024年(令和6年)現在でも少なくとも13棟が現存しています。

(写真)川口干拓に現存する災害復興建築。地理院地図

 

敷地内における災害復興建築の位置や向きは民家によってばらばらであり、道路に接しているものもあれば、物置1棟分奥に建てられているものもあります。

川口干拓とは異なり、鍋田干拓では全ての災害復興建築が同一の位置に同じ向きに建てられており、航空写真を見るとその違いが顕著です。

(写真)川口干拓の民家の敷地における災害復興建築の位置。Googleマップ

(写真)鍋田干拓における災害復興建築。『よみがえる鍋田干拓』鍋田開拓農業協同組合、 1969年。