振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

朽木市場の映画館

(写真)水路と立樋。

2022年(令和4年)9月、滋賀県高島市朽木市場(旧・高島郡朽木村)を訪れました。かつて朽木市場には映画館「柳映画館」があったようです。

 

1. 朽木市場を訪れる

1.1 朽木市場の街並み

近世の朽木市場は朽木陣屋がある陣屋町であり、若狭国小浜と京都を結ぶ鯖街道の宿場町でもありました。市場商店街には旅館、呉服屋、薬局、酒屋、魚屋、履物屋、文具店、雑貨屋などが建ち並んでいたようです。

(写真)朽木市場の街並み。

(写真)朽木市場の街並み。

 

Googleストリートビューや個人ブログによると、数年前まで旧朽木郵便局舎の南隣には茅葺屋根の民家があったようです。残念ながら瓦屋根の民家に建て替えられていました。

(写真)朽木市場の街並み。旧朽木郵便局舎の南隣の民家。(左)2022年9月。(右)2012年11月のGoogleストリートビュー

(左・右)入母屋屋根の民家。

 

水路と立樋

集落内の主要な道路の脇には水路がありますが、これは江戸時代初頭に整備された歴史あるものだそう。ところどころには煉瓦造の煙突状の構造物がありますが、これは立樋(たつどい)と呼ばれる分水塔だそうで、水路から各家庭に水を引くために設置されているようです。

(写真)水路と立樋。

(写真)朽木市場の立樋と映画館跡地。地理院地図

(写真)水路と立樋。(右)立樋の内部。

(写真)水路と立樋。

 

1.2 朽木市場の近代建築

集落の中央部にはコミュニティスペースとして活用されている丸八百貨店があります。1933年(昭和8年)に2階建てで建築され、1943年(昭和18年)頃に3階部分が増築されています。2階の最上部に見える鋸歯形の模様が特徴。3階には想像よりも広い空間が広がっていました。

(写真)丸八百貨店。

(写真)2階建てだった開店当時の丸八百貨店。

(写真)丸八百貨店。(左)1階。(右)3階。

 

朽木市場の近代建築としては旧朽木郵便局舎もあります。

(写真)旧朽木郵便局舎。

(左・右)旧朽木郵便局舎。

 

2. 高島市立朽木図書サロン

高島市文化交流施設やまびこ館には公民館図書室である高島市立朽木図書サロンが入っています。図書サロンという名称や、2500人という人口規模から期待はしてなかったのですが、施設は図書館といっていいくらい立派でした。書架などの什器、フローリングには地元産ヒノキの間伐材が用いられており、2003年度には全国間伐材利用コンクールで林野庁長官賞を受賞しています。

(写真)図書サロンの館内。

(写真)図書サロンの館内。

(左)図書サロンの入口。(右)郷土資料の提供のお願い。

 

開架室には高島市滋賀県の郷土資料があり、職員に声を掛けると入れる別室には朽木村の郷土資料があります。雑誌『湖国と文化』のバックナンバーがずらりと並んでいる点で期待が膨らみましたが、朽木村関係ではコピーをファイルに入れて蔵書扱いにしているなど、郷土資料を丹念に集めている印象を受けました。

(左)郷土資料コーナー。(右)雑誌『湖国と文化』。

 

(写真)別室にある朽木村の郷土資料。

(左・右)別室にある朽木村の郷土資料。

 

3. 朽木市場の映画館

3.1 柳映画館(昭和20年代-昭和30年代)

映画館名簿によると朽木村に映画館は存在しなかったようです。ただし、丸八百貨店には昭和30年代の市場商店街を描いた地図があり、現在の高島市朽木支所の裏手に "映画館" が記されています。

(写真)昭和30年代の市場商店街。丸八百貨店に展示。

 

丸八百貨店は年配の方でにぎわっており、いろいろな話を聞けました。

映画館の名前は "柳映画館" である。戦後になってから建った映画館であり、トタン屋根の建物だったため雨が降ると音がした。(Aさんが)私が1960年に嫁に来た時にはまだあった。(Bさんが)私が1963年に嫁に来た時にはもうなかった

美空ひばりの映画を観た記憶がある。午前、昼、夜と映画を上映していたこともある。朽木の映画館はここだけだった。朽木には韓国の方が多く、映画館も韓国の方が経営していた

1953年には安曇川が氾濫し、市場の集落が水に漬かったこともある。朽木には人がたくさん働きに来ており、当時の人口は4000人くらいあった。

(写真)柳映画館跡地。

(写真)中央の建物が柳映画館跡地。背後は高島市朽木支所。

「みんなでまちの事典&地図を作ろう!」に参加する

(写真)琵琶湖博物館から見た琵琶湖。

2022年(令和4年)9月25日、滋賀県草津市で開催された「みんなでまちの事典&地図を作ろう!」に参加しました。

 

1. イベント概要

Code for Kusatsuが主催。Wikipediaを編集するウィキペディアタウンとOpenStreetMapを編集するマッピングパーティを同時に行うオープンデータソンです。滋賀県立琵琶湖博物館がある公園でOpenStreetMapサーベイ(現地調査)をした後、車などで草津市南草津図書館に移動し、OSM / Wikipediaそれぞれを編集しました。

(写真)オープンデータソンの説明。

(写真)樹冠トレイル周辺の遊歩道のGPSログ

 

2. Wikipedia編集

滋賀県立琵琶湖博物館 - Wikipedia」(加筆)と「草津市立図書館 - Wikipedia」(新規)が編集対象であり、私は図書館記事の作成グループに入りました。草津市立図書館にはもともと興味があった。滋賀県の市立図書館では最後発の開館ですが、図書館後進県だった滋賀県に訪れたうねりの中で開館し、専門職館長の存在が他の自治体にも影響を与えたという流れが文献から見えてきたのが興味深かったです。

(左)琵琶湖博物館に関する文献。(右)草津市立図書館に関する文献。

(写真)編集中の参加者。

なお、2016年(平成28年)には南草津図書館の館内の写真を、2021年(令和3年)には本館の外観の写真を撮ってWikimedia Commonsにアップロードしていました。自分の6年前の活動が役立ちました。

 

「ウィキペディアタウンinおたり村」に参加する

(写真)旧千国宿の街並み。

2022年(令和4年)9月17日、長野県北安曇郡小谷村で開催された「ウィキペディアタウンinおたり村」に参加しました。

 

1. イベント概要

運営

ウィキペディアタウンとはまちあるきとWikipedia編集を組み合わせたワークショップ型イベントであり、"地域への愛着"を高めることなどを目的としています。北アルプス地域では今回が4例目であり、これまでに松川村白馬村、池田町で開催されています。イベントの主催は長野県の機関である北アルプス地域振興局。小谷村、小谷村教育委員会、県立長野図書館が共催です。

www.pref.nagano.lg.jp

 

スケジュール

10:00-10:40 各種説明(北アルプス地域振興局・小谷村公民館・Wikipedia・県立長野図書館)

10:40-12:40 まちあるき

12:40-13:30 昼食

13:30-15:30 文献調査・Wikipedia編集

15:30-16:30 成果発表、追加編集、講評

(写真)会場のおたりつぐら。手前はまちあるきに用いたマイクロバス。

 

大まかな流れとしては、午前中にマイクロバスを用いたまちあるき、午後に文献調査やWikipedia編集などを行っています。まずは小谷村複合拠点施設 おたりつぐらで北アルプス地域振興局からイベントの趣旨やスケジュールに関する説明を聞いた後、小谷村公民館の丸山さんによる小谷村の紹介、かんたによるWikipediaの説明、県立長野図書館の干川さん・小谷村図書館の松澤さんによる図書館の紹介を聞きました。

(写真)文献準備を担当した小谷村図書館と県立長野図書館。

(左・右)講師席。

 

私(講師:かんた)はWikipediaの説明や編集サポートなどを行う立場で参加しており、午前中にはまちあるきの際に気に掛けるポイントなどを話しました。Slide Shareには今回のイベントで用いたPower Pointスライドをアップロードしていますが、1枚目から5枚目が午前中に用いたスライドです。

www.slideshare.net

 

2. まちあるき

2.1 小谷村郷土館

まちあるきでは参加者全員が1台のマイクロバスに乗って移動します。今回はWikipediaの編集対象として「千国宿」「栂池高原」「稗田山崩れ」の3記事が設定されており、小谷村郷土館、旧千国宿・牛方宿、栂池高原(前山百体観音)、稗田山崩れの碑の順にスポットを巡りました。

(写真)まちあるきスポット。地理院地図

 

まちあるき時のガイドは塩の道研究家の田中省三さん。まずは小谷村郷土館で小谷村の歴史について概観します。小谷村郷土館は明治時代に建築された入母屋民家であり、その後は1971年(昭和46年)まで小谷村役場として使用されていました。茅葺屋根は2018年(平成30年)に全面葺き替えされたばかりで新しい。

(写真)小谷村郷土館。

 

室内に入ってすぐの場所には恐竜足跡化石があります。1994年(平成6年)に小谷村で発見された化石だそうで、2003年(平成15年)には長野県天然記念物に指定されています。恐竜そのものの化石は発見されていないようですが、道の駅おたりの敷地内には恐竜のモニュメントも設置されていました。

(左)小谷村郷土館の民具。(右)恐竜足跡化石の説明。

 

2.2 千国宿と千国街道

旧千国宿(千国本村)

姫川河岸から標高で約80m上った場所に、かつての千国街道の宿場である旧千国宿(千国本村)があります。姫川は急流かつ岩盤がもろいため、河岸には街道を整備できなかったとのこと。近世の小谷村域ではもっとも規模の大きな町だったようで、「L」字型の集落に立派な入母屋屋根の民家が点在しています。

(写真)旧千国宿。

 

小谷村ではいろいろな集落に火の見櫓が現存しており、旧千国宿にも赤い塗装があせた火の見櫓があります。その脇には千国番所跡の石碑が建っており、近くには千国の庄史料館があります。

(左)旧千国宿にある石碑。(右)旧千国宿を通る千国街道

 

牛方宿

旧千国宿から千国街道を標高で約150m上った場所には、牛の背に塩を乗せて運んだ牛方(牛飼い)の宿があります。千国にある牛方宿は現存する唯一のものであり、「牛方宿(県宝旧千國家住宅)」という名称で長野県指定文化財となっています。外観や座敷は豪農の母屋のようですが、牛が入る空間を視界に入れながら寝られる中二階があったり、敷地内に塩蔵があったりします。

(写真)牛方宿。

(左)牛方宿の内部。(右)牛方宿と塩蔵の説明。

 

2.3 栂池高原

小谷村には3つのスキー場があり、観光業が基幹産業となっています。最も規模の大きなものが栂池高原スキー場であり、標高800m台の高原にホテル街が形成されています。

小谷村について予習するために、イベントに先立って小谷村のスキー - Wikipediaという記事を作成しました。小谷村域には大正時代にスキーが持ち込まれ、小中学校から住民に広まっていったようです。昭和30年代にはスキー場の整備が進み、栂池高原スキー場では学生年代の全国大会も開催されています。

(写真)栂池高原

 

前山百体観音

(写真)前山百体観音。

(左・右)前山百体観音。

 

2.4 稗田山崩れ

稗田山崩れとは1911年(明治44年)に発生した土砂災害であり、江戸時代の大谷崩れや鳶山崩れとともに「日本三大崩れ」(崩れ=山体崩壊による災害)とされています。姫川支流の浦川を土砂が埋め尽くし、来馬集落が壊滅して26人の死者を出しています。

(写真)稗田山崩れの説明。

浦川は川幅の割に土砂が多い。もともと脆い地盤の山だそうで、現在でも多量の土砂が流出するため、常にどこかで砂防ダムの建設工事が行われている状況だそうです。日本初のスーパー暗渠砂防堰堤である浦川スーパー暗渠砂防堰堤など、形式の異なる様々な砂防ダムがあるとのことで、小谷村砂防ダムツアーなるものまで開催されているそうです。

(左)砂防ダム工事が行われている浦川。(右)稗田山崩れの説明。

(写真)浦川スーパー暗渠砂防堰堤

 

昼食は小谷村郷土館の隣にある蕎麦屋のおたり名産館。

(写真)小谷村郷土館脇のおたり名産館。かぼすそば。

 

3. ワークショップ

3.1 文献

観光パンフレットのような薄い文献から自治体史などの厚い文献まで、県立長野図書館と小谷村図書館によって多数の文献が準備されました。その題材に関する基本的な文献は自力でも探し出せますが、広い視野から探し出した多様な種類の文献があるのは図書館司書が協力しているイベントならではです。

どれだけ多くの文献を集めてくださっても、たった数時間のイベントで反映できる情報は少ない。イベント後の加筆はWikipediaの編集サポート役として参加している者の役目だと思っています。イベント中にできるだけ多くのページをコピーしており、記事の加筆に役立てていきます。また、Wikipediaの編集サポート役としては、文献一覧が配布されたことで後日のフォローがしやすくなって助かります。

(写真)準備された文献。(左)稗田山崩れなど。(右)千国宿など。

 

2020年(令和2年)には北アルプス地域5市町村(大町市・池田町・松川村白馬村・小谷村)で新聞記事データベースの共同利用を開始しました。県紙である信濃毎日新聞、全国紙である朝日新聞のデータベースを5市町村で共同契約し、図書館内のパソコンで閲覧することができるようです。

地域情報が満載の信濃毎日新聞を利用できる意義は大きい。今回のイベントでも関連する記事がコピーされて文献置き場に並べられていました。新聞記事には書籍と異なる情報が掲載されていることが多く、地域記事を編集するウィキペディアタウンとは相性が良い。

(写真)準備された文献。(左)雑誌『信濃』など。(右)『信濃毎日新聞』データベースのコピー。

 

3.2 編集

今回のイベントではイベント開始前に参加者のグループ分けがなされており、3グループに分かれて「千国宿」(新規作成)、「栂池高原」(加筆)、「稗田山崩れ」(加筆)の3記事を編集しました。いずれもウェブ上に充実した情報がある題材ではなく、この地域の図書館や県立長野図書館を訪れないと編集が難しい。まちあるきで写真を撮ったり、郷土資料を閲覧したりするウィキペディアタウンで扱う意義のある題材です。

編集記事

千国宿 - Wikipedia」(新規作成)

栂池高原 - Wikipedia」(加筆)

稗田山崩れ - Wikipedia」(加筆)

(写真)各グループの作業スペース。

(写真)文献を閲覧する参加者。

 

ワークショップの流れを記したプリントを配布し、各グループの進行についてはファシリテーター役の方に主導してもらいました。本当はどこかのグループに入ってがつがつ編集するのが好きなのですが、私はグループを巡回して編集サポートを行いました。

また、イベント終了後数日の間には、マークアップなどWiki記法の修正、文章表現の修正、画像の追加などを行っています。まちあるき中には参加者の誰よりも多くの写真を撮っており、Category:Otari, Nagano - Wikimedia Commonsに約100枚の写真をアップロードしています。

(写真)議論中の参加者。

(写真)編集会場。

 

4. 小谷村図書館

イベント後には個人的に小谷村図書館「どんぐり」を見学させてもらいました。図書館の床面積は約300冊、蔵書数は約3万冊、貸出数は約1万4000冊と、人口2500人の村立図書館としては立派な施設です。

(写真)雑誌。

(写真)フロア入口。新着図書など。

(写真)フロア中央の通路。

(左)絵本コーナー。(右)新着図書。

 

浜坂町の映画館

(写真)あじわら小径。

2022年(令和4年)9月、兵庫県美方郡新温泉町浜坂(旧・浜坂町)を訪れました。かつて浜坂町には映画館「浜坂映劇」と「大富座」がありました。

 

1. 浜坂町を訪れる

1.1 あじわら小径

浜坂市街地の東端には味原川が流れており、川に沿ってあじわら小径が整備されています。新温泉町加藤文太郎記念図書館の付近には立派な石垣が見られ、往時の繁栄の様子が偲ばれます。

(写真)あじわら小径。

 

あじわら小径から坂を上ると、立派な石垣の敷地が浜坂先人記念館 以命亭(旧森家住宅、七釜屋屋敷)であるのがわかりました。酒造業を営んでいた七釜屋森家の主屋であり、七釜屋森家に関する展示、浜坂町出身の著名人に関する展示などがあります。

(写真)浜坂先人記念館 以命亭。登録有形文化財

(左・右)浜坂先人記念館 以命亭。

 

1.2 加藤文太郎記念図書館

新温泉町浜坂には新温泉町加藤文太郎記念図書館(旧・浜坂町立加藤文太郎記念図書館)があります。「人名」+「記念図書館」という名称の場合には図書館建設費の寄付者を冠している場合が多いですが、この図書館の場合は出身著名人の名前を冠しているだけのようです。

建物の外観、書架などの什器、壁面などは "山" がモチーフになっていて遊び心があります。ただし、旧浜坂町出身の著名人の中で加藤文太郎知名度が際立って高いかどうかは疑問。名称は浜坂町立図書館でもよかったのではと思いました。

(写真)新温泉町加藤文太郎記念図書館。

(写真)山をモチーフにした棚見出しが並ぶ館内。

(写真)山をモチーフにした壁面がある館内。

 

郷土資料の地域別分類は「旧浜坂町・旧温泉町・新温泉町」と「但馬」。浜坂映劇に言及している数少ない郷土資料として『写真でつづる浜坂町 明治 大正 昭和のすがた』(浜坂町、1984年)がありますが、なぜかこの図書館は所蔵していなくて困惑しました。

新温泉町鳥取兵庫県境をまたいだ「因幡・但馬麒麟のまち連携中枢都市圏」に含まれており、鳥取市立図書館の利用者カードを発行できるみたい。この連携中枢都市圏には鳥取市、岩美町、若桜町、智頭町、八頭町(ここまで鳥取県)、新温泉町兵庫県)の1市5町が加わっています。

(写真)郷土資料コーナー。

 

2階には山岳図書閲覧室があります。1994年(平成6年)の開館時に各所から寄贈された文献が蔵書の中心。『山と渓谷』などの山岳関連雑誌は開館後の号が永年保存されているし、開館前の号も収集に努めているようです。もちろん加藤文太郎を主題とする漫画『孤高の人』も。

(写真)山岳図書閲覧室。右は鍵付き書架。

(写真)山岳図書閲覧室。低層書架。(右)上段は加藤文太郎を題材とする漫画『孤高の人』、下段は雑誌『山と渓谷』。

(写真)山岳図書閲覧室。鍵付き書架。

 

2. 浜坂町の映画館

2.1 大富座(1942年1月-1961年)

所在地 : 兵庫県美方郡浜坂町(1961年)
開館年 : 1942年1月
閉館年 : 1961年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1942年1月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「末広座」。1947年の映画館名簿では「大富座」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1951年・1952年・1953年・1955年・1958年・1959年・1960年・1961年の映画館名簿では「大富座」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。

1950年代から1961年(昭和36年)までの映画館名簿には浜坂町の映画館として大富座が、1960年(昭和35年)から1970年代初頭までの映画館名簿には浜坂町の映画館として浜坂映劇が掲載されています。

1960年(昭和35年)の映画館名簿には両者が掲載されており、経営者/支配人/構造/定員/電話番号などが異なっていることからも大富座と浜坂映劇は異なる映画館だと思われますが、『写真でつづる浜坂町 明治 大正 昭和のすがた』(浜坂町、1984年)には両者が同一の映画館であるかのような書き方がなされています。

晩年の大富座の経営者は東史郎であり、兵庫県但馬地域や京都府丹後地域で複数館を経営していた人物です。東史郎京都府竹野郡丹後町の間人劇場を旗艦館として、久美浜館(京都府久美浜町)、弥栄映劇(京都府弥栄町)、日高映画劇場(兵庫県日高町)、香住映劇(兵庫県香住町)、あずま館(兵庫県香住町)なども経営していました。

(写真)浜坂町に大富座と浜坂映劇が掲載されている『映画便覧 1960』時事通信社、1960年。

 

2.2 浜坂映劇(1959年頃-1972年頃)

所在地 : 兵庫県美方郡浜坂町新町(1973年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1972年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1961年の映画館名簿では「浜坂映劇」。1962年・1963年の映画館名簿では「浜坂映画劇場」。1966年・1969年・1970年・1973年の映画館名簿では「浜坂映劇」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「宝宣寺」本堂北西20mにある複数の敷地。最寄駅はJR山陰本線浜坂駅

1960年(昭和35年)の映画館名簿を見ると、浜坂映劇の所在地は浜坂町1144となっています。浜坂市街地で1144に近い番地の建物を調べると、浜坂駅前の衣料品店 フミヤ(新温泉町浜坂1137)などがあり、1964年(昭和39年)の航空写真を見るとフミヤの背後に巨大な建物が写っています。

(写真)1964年の航空写真における浜坂映劇。矢印が入口。地図・空中写真閲覧サービス

(写真)浜坂町に浜坂映劇が掲載されている『映画館名簿 1973』時事映画通信社、1973年。

 

フミヤを経営する夫妻(70代後半?)に話を聞いてみると、

フミヤと宝専寺の間の場所に映画館があった。名前は覚えていないが入ったことがある。浜坂町の映画館はこの1館しかなかった。フミヤを創業してから10年間は借家で営業していたが、映画館が閉館した50年前に土地を購入してこの店を構えた。5軒が映画館の跡地を購入して、店を構えたり家を建てたりしている

浜坂の人は買い物や病院などの際に、豊岡市ではなく鳥取県鳥取市に向かうことが多い。大学進学時に鳥取市内の大学に進学する人も多いし、優秀な学生は高校から鳥取市の学校に通うこともある

とのことでした。店内にある橙色と緑色の照明は50年前の開店時から変わらないそうです。化粧品を売る "メイクコーナー" などもあり、古き良き昭和のブティックといった雰囲気でした。

(写真)浜坂映劇について話を聞いたフミヤ。

(写真)駅前通り。浜坂映劇の敷地を購入した5軒。

(写真)裏手に浜坂映劇があった宝専寺。

 

浜坂町にあった映画館について調べたことは「兵庫県の映画館 - 消えた映画館の記憶」に掲載しており、その所在地については「消えた映画館の記憶地図(兵庫県版)」にマッピングしています。

hekikaicinema.memo.wiki

www.google.com