振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

高浜市の映画館

f:id:AyC:20200421234813j:plain

(写真)高浜港駅前の高浜ニコニコ鬼広場にある巨大鬼面。

2020年(令和2年)、愛知県高浜市を訪れました。高浜市にあった映画館「衣浦東映」や「千歳座」の跡地などをめぐっています。

 

1. 高浜市を訪れる

高浜市は愛知県の西三河地方にある人口約5万人の自治体。1970年(昭和45年)に碧海郡高浜町が単独で市制施行して高浜市となりました。「日本三大瓦」のひとつである三州瓦(さんしゅうがわら)の主産地として知られています。かつては土管(陶管)なども主力商品だったようで、同じ愛知県の常滑市瀬戸市と同じように、日用品の製造に長けている特徴がある窯業産地です。

f:id:AyC:20200421214425p:plain

(地図)愛知県における高浜市の位置。©OpenStreetMap contributors

 

 

2. 高浜市を歩く

2.1 吉浜地区

高浜市1906年明治39年)から範囲の変わらない自治体です。町村制施行時の1889年(明治22年)には碧海郡高浜村・吉浜村・高取村の3村があり、1900年(明治33年)には高浜村が町制を施行して高浜町に。1906年明治39年)に高浜町が他の2村を合併して現在の範囲となりました。旧高浜村・旧吉浜村・旧高取村をすべて回りましたが、いずれも比較的大きな村であり、どの地区でも大規模な神社が目につきました。

f:id:AyC:20200421175419j:plainf:id:AyC:20200421175429j:plainf:id:AyC:20200421175433j:plain

(左)吉浜八幡社。(中)寿覚寺。(右)吉浜神明社

 

吉浜地区には五月人形の専門店である吉浜人形 - Wikipediaの本店があります。古くから人形製作の文化があったのかどうかは知りませんが、吉浜地区の中心部には「人形小路」という散策路が設定されており、高浜市観光ガイドマップには三州高浜鬼みちと並んで掲載されています。散策路には奇妙な人形が多数置かれていました。

f:id:AyC:20200421175436j:plainf:id:AyC:20200421175446j:plain

(左)吉浜人形本店。(右)吉浜地区の人形小路。

 

名鉄三河線吉浜駅から250m東には、名鉄と並行するように吉浜銀座通りという通りがありました。かつてはこの通りが吉浜村のメインストリートであり、現在の吉浜ふれあいプラザの場所に吉浜村役場が置かれていました。料理屋 魚松や高の松菓子舗などの木造建築が目につきますが、車はほとんど通らずにひっそりとしていました。

高浜市観光ガイドマップを見ると、人形小路おいでん横丁の向かいに人形小路仲平座という施設が掲載されています。仲平饅頭という和菓子舗の建物を改装し、不定期に落語会を開催しているとのことですが、私が訪れた際には看板も何もありませんでした。

f:id:AyC:20200421175451j:plainf:id:AyC:20200421175509j:plain

(写真)吉浜銀座通り。(左)吉浜ふれあいプラザ。旧吉浜町役場跡地。(右)化粧品店 万久。右奥に料理屋 魚松。

f:id:AyC:20200421175523j:plainf:id:AyC:20200421175533j:plain

(写真)吉浜銀座通り。(左)料理屋 魚松。(右)高の松菓子舗。

 

2.2 三州高浜鬼みち

高浜市の中心部には「三州高浜鬼みち - Wikipedia」という散策路が設定されています。名鉄三河線高浜港駅を起点とし、高浜市やきものの里かわら美術館や春日神社などを通って三河高浜駅に至るルートです。常滑市の「やきもの散歩道」や瀬戸市の「窯垣の小径」と比べると知名度が低いようであり、ルート南部を除けば散策している方は少ないように見えます。

高浜港駅前の高浜ニコニコ鬼広場にある巨大鬼面に象徴されるように、高浜市三州瓦の業界団体は鬼瓦を全面に押し出していますが、一般的な瓦の解説や商品紹介などにもっと力を入れてもいいのではないかと思いました。三州瓦の職人は日本全国の寺院に関わっているとのことですが、三州瓦が使用されている施設の一覧は作れないのかとも思いました(作れないのでしょう)。

観光ガイドマップには各スポットの見所が書かれていますが、現地には説明看板などが少なく、ガイドマップがなければ見落としてしまう見所が多いのは残念。恩任寺の「下向きの鬼瓦」などがそれです。ガイドマップに書かれていない場所にも、使用されなくなった土管(陶管)がさりげなく土手留めに使用されている崖などがありました。

f:id:AyC:20200421175553j:plain

(写真)三州高浜鬼みち。鬼パーク近く。

f:id:AyC:20200421175612j:plainf:id:AyC:20200421175621j:plain

(写真)三州高浜鬼みち。(左)鬼パーク。鬼面の椅子。(右)土管坂。写真映えするように設置された?

f:id:AyC:20200421175540j:plainf:id:AyC:20200421175548j:plain

(写真)三州高浜鬼みち。(左)春日神社。大山緑地と一体になっている。(右)大山緑地にある陶管焼のたぬき。高さ5.2m。

 

2.3 高浜市役所

2017年(平成29年)1月には高浜市役所の新庁舎が開庁しました。同一敷地内で建て替えを行っていますが、階数は旧庁舎の5階建てが新庁舎は3階建てに、延床面積は旧庁舎の約7,800m2が新庁舎は約4,800m2に、いずれも大幅に小型化されています。整備コストや維持管理コストの低減を図ることを目的として、民間が建設した建物を20年間のリース契約で賃借するという方式がとられています。

参考 : 「公的不動産における収益確保に挑む(2)証券化手法」新・公民連携最前線

 

高浜市役所の本庁舎棟は瓦屋根の和風建築ではありませんが、壁面は白色と灰色の市松模様がデザインされています。本庁舎棟の手前にある会議棟は瓦屋根であり、また本庁舎棟の壁面の一部には瓦が埋め込まれているなど、瓦の町であることを前面に押し出した印象の強い外観をしています。

f:id:AyC:20200421221310j:plainf:id:AyC:20200421180401j:plain

(写真)高浜市役所。(左)本庁舎棟の全景。手前が会議棟。(右)瓦が埋められた本庁舎棟の壁面。

 

高浜市役所の西側、本町通り沿いには1910年(明治43年)に建立された山本吉兵衛碑がありました。三州瓦の歴史についてウェブ検索した程度では、三州瓦の発展に貢献した個人名や有力な企業名はあまり出てきませんが、山本吉兵衛については調べてみたいと思います。

高浜市の窯業企業のうち、三州高浜鬼みち周辺には小規模な工場が集積していますが、愛知県道50号の東側には比較的大きな工場があります。特に規模が大きいと思われる新東株式会社は「瓦と太陽電池パネルを一体化したソーラー瓦や、苔を用いて傾斜屋根を緑化する瓦を業界で初めて商品化」した企業だそうです。

f:id:AyC:20200421232429j:plainf:id:AyC:20200421175652j:plainf:id:AyC:20200421175659j:plain

(左)山本吉兵衛碑。(中)新東の二池工場。(右)新東の二池工場。出荷前の三州瓦

 

 

3. 高浜市の映画館

3.1 千歳座(1913年-1959年)

所在地 : 愛知県碧海郡高浜町一色30(1960年)
開館年 : 1913年、1949年10月
閉館年 : 1959年頃
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「千歳座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年のポータブル住宅地図では「千歳座」。1969年のアイゼン住宅地図では跡地は「新丸旅館」敷地。跡地は食事処「弥助」(料理旅館新丸の別邸)西側の駐車場。最寄駅は名鉄三河線高浜港駅。

1913年(大正2年)2月1日に碧海郡高浜町に開館した劇場が千歳座です。戦後の1949年(昭和24年)10月に改築して演劇場兼映画館となりましたが、改築後の写真は存在を確認できていませんが、旧館と同じく木造瓦葺の和風建築だったようです。1959年(昭和34年)9月26日の伊勢湾台風で半壊して休館(閉館)となりました。

千歳座に関する文章や写真は『目でみる碧海の100年』(郷土出版社、1992年)にも掲載されていますが、『高浜町の姿』(高浜中学校、1957年)が詳しい。地元の中学校によって映画黄金期に刊行された郷土資料であり、27尺(約810cm)のワイドスクリーンで総天然色映画を上映していたことが書かれています。『高浜町の姿』は高浜市立図書館のみが所蔵しています。

f:id:AyC:20200422002409j:plainf:id:AyC:20200421175714j:plain

(左)1926年の千歳座。『目でみる碧海の100年』。パブリック・ドメイン。(右)千歳座の跡地にある弥助専用駐車場。

f:id:AyC:20200421215057p:plain

(写真)2010年の千歳座跡地。国土地理院 地理院地図

 

3.2 衣浦東映(1957年-1990年)

所在地 : 愛知県高浜市高浜町字馬場52-1(1990年)
開館年 : 1957年12月
閉館年 : 1990年9月
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「衣浦東映」。1966年のポータブル住宅地図では「衣浦東映」。1969年のアイゼン住宅地図では「衣浦東映」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「衣浦東映劇場」。1990年・1991年の映画館名簿では「衣浦東映」。1992年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「高浜ふれあいプラザ」の北北東40mにある民家。高浜市役所の南東100m。最寄駅は名鉄三河線三河高浜駅。

千歳座の経営者によって1957年(昭和32年)12月に新築開館したのが「衣浦東映」です。映画興業のほかに、村田英雄・市川猿之助松竹歌劇団なども来演しています。1990年(平成2年)9月の第13号台風で屋根・壁が壊れて休館(閉館)となりました。奇しくも閉館理由は千歳座と同じです。

高浜市立図書館や愛知県図書館で高浜市の郷土資料を漁っていますが、衣浦東映に言及している資料はデータベースである『映画館名簿』と『商工年鑑』だけです。平成初頭まで営業していた映画館としては寂しく、今後衣浦東映について書かれた資料を発見できることを期待しています。跡地は3軒分の戸建て住宅地となっています。吉浜まちづくり協議会のウェブサイトには開館時の衣浦東映の写真が掲載されています。

f:id:AyC:20200421175719j:plain

(写真)衣浦東映の跡地にある戸建て住宅地。正面。

f:id:AyC:20200421215210p:plain

(写真)1970年代中頃の衣浦東映周辺。国土地理院 地理院地図

f:id:AyC:20200421215218p:plain
(写真)2010年の衣浦東映跡地。国土地理院 地理院地図

 

高浜市の映画館について調べたことは「西三河地方の映画館 - 消えた映画館の記憶」にまとめており、跡地については「消えた映画館の記憶地図」にマッピングしています。

hekikaicinema.memo.wiki

www.google.com