振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

大府市の映画館

f:id:AyC:20200428180009j:plain

(写真)JR東海道本線大府駅

2020年(令和2年)、愛知県大府市を訪れました。かつて大府市には「大府映画劇場」(大劇)、「大府東映劇場」、「大府東劇」の3館の映画館があり、1980年頃には仮設館として「トロピカホール」もありました。

 

1. 大府市を訪れる

大府市知多半島の北部にある人口約9万人の自治体。1887年(明治20年)には現在のJR武豊線の駅として大府駅が開業し、1888年明治21年)には現在の東海道本線武豊線の分岐駅となります。大府は鉄道駅の開業とともに発展した町のようであり、明治中期の地形図に描かれている知多郡大府村は、碧海郡刈谷町(現・刈谷市)はもちろんのこと、知多郡森岡村や知多郡緒川村(いずれも現・知多郡東浦町)よりも規模の小さい村に見えます。

f:id:AyC:20200428211805p:plain

(地図)愛知県における大府市の位置。©OpenStreetMap contributors

f:id:AyC:20200428213356p:plain

(地図)明治中期の知多郡大府村周辺。今昔マップ on the web

 

JR大府駅の乗降客数は約30,000人/日もありますが、商店や飲食店の数が少なくて活気がなく、最盛期には3館も映画館があったことが信じられません。なお、近隣自治体では刈谷市知立市中心市街地も映画館は3館です。
駅前通りと交差する市役所前発展会には1964年(昭和39年)竣工の大府センターがあり、5階建てのビルがランドマークになっていましたが、2020年(令和2年)4月には取り壊し工事が始まっています。

f:id:AyC:20200428180017j:plain

(写真)大府駅前通り。

f:id:AyC:20200428180050j:plain

(写真)市役所前発展会。左奥は大府センター。

f:id:AyC:20201025062312j:plainf:id:AyC:20200428180055j:plain

(左)大府センター。2019年10月。(右)大府センター。2020年4月。

 

2. 大府市の映画館

2.1 大府東劇(1960年頃-1962年頃)

所在地 : 愛知県知多郡大府町向畑6-1(1961年・1962年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1962年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1962年の映画館名簿では「大府東劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の全商工住宅案内図帳には掲載されていないと思われる。

1960年頃に相次いで開館した2館のうちの片方が大府東劇であり、『映画館名簿』では1961年版と1962年版のみに掲載されています。『大府町史』(大府町、1966年)によると1966年(昭和41年)時点の跡地はパチンコ店だったようですが、現在のどこにあったのかはわかりません。

 

2.2 トロピカホール(1970年代末-1980年頃)

所在地 : 愛知県大府市中根19(1980年)
開館年 : 1978年以後1980年以前
閉館年 : 1980年頃
1975年・1978年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の映画館名簿では「トロピカホール」。1981年・1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ライオンズシティ大府駅前」があるブロックの北西角の駐車場。

1980年の『映画館名簿』のみに掲載されている映画館として「トロピカホール」があります。『映画館名簿』によると建物は2階建て、50席の仮設館ということで、1980年前後の住宅地図に確認できる喫茶 トロピカーナ内にあったと思われます。住宅地図によると、2階に喫茶 トロピカーナがある建物の1階にはクスリの清水やサカエ堂書店がありました。

トロピカホールがあった建物の跡地は名鉄協商大府駅前駐車場です。1970年代前半に現在の駅前通りが開通するまでは、トロピカホール前の通りが駅前通りでした。とはいえ1970年代以前の建物は残っていないようであり、居酒屋などの飲食店街になっています。

f:id:AyC:20200428180025j:plainf:id:AyC:20200428180031j:plain

(左)旧大府駅前通。右の駐車場がトロピカホール跡地。(右)旧大府駅前通。

 

2.3 大府東映劇場(1960年頃-1980年代初頭)

所在地 : 愛知県大府市字スクモ94(1980年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1963年の映画館名簿では「大府東映」。1963年の映画館名簿では「大府東映」。1966年・1969年・1976年・1980年の映画館名簿では「大府東映劇場」。1963年・1976年・1979年の住宅地図では「大府東映」。1968年のデラックス住宅地図では「大府東映 門瀬」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。1986年・1989年のゼンリン住宅地図では跡地に「大府市公民館」。跡地は「大府公民館」。最寄駅はJR東海道本線武豊線大府駅

1959年(昭和34年)頃には煙草収納所に大府東映が仮設されて営業を開始し、1960年(昭和35年)頃には半田保健所大府支部に建物を新築。東映・松竹・日活・洋画などを上映し、1980年代初頭まで営業していました。跡地は大府公民館となっています。

大府公民館の東側にはパークビジョン大府サニー駐車場がありますが、この場所には2018年に取り壊されるまで大府商協センターサニーがありました。1964年(昭和39年)に開店した大府で最初期のスーパーマーケットであり、市街地北側の大府センターと対をなす存在だったと思われます。

f:id:AyC:20200428180035j:plain

(写真)パークビジョン大府サニー駐車場。正面の白い建物が大府東映劇場跡地の大府公民館。

 

2.4 大府映画劇場(1952年-1980年代後半)

所在地 : 愛知県大府市向畑86-1(1976年・1980年)
開館年 : 1952年
閉館年 : 1986年以後1989年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「大府映画劇場」。1963年の住宅地図では「大府映劇」。1968年のデラックス住宅地図では「大劇」。1976年の住宅地図では「大府映画劇場」。1979年の住宅地図では「大劇」。1986年のゼンリン住宅地図では「大劇」。1989年のゼンリン住宅地図では空白の建物。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2002年竣工のマンション「フレストステージ大府中央町」。最寄駅はJR東海道本線武豊線大府駅

1952年(昭和27年)に知多郡大府町初の映画館として開館したのが大府映画劇場であり、東宝大映・洋画などを上映していました。住宅地図には大劇と略されて掲載されています。跡地にはマンション フレストステージ大府中央町があり、13階建てのマンションは大府駅周辺ではとても目立ちます。

f:id:AyC:20200428180040j:plainf:id:AyC:20200428180046j:plain

(左)左のマンションが大府映画劇場跡地。右は早川皮フ科。(右)地蔵院。背後は大府映画跡地のマンション。

 

大府市の映画館について調べたことは「知多半島の映画館 - 消えた映画館の記憶」にまとめており、跡地については「消えた映画館の記憶地図」にマッピングしています。

hekikaicinema.memo.wiki

www.google.com