振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

水戸市の映画館(2)

水戸市の映画館(1)」からの続きです。「水戸市の映画館(3)」に続きます。

ayc.hatenablog.com

ayc.hatenablog.com

 

1. 水戸市の映画館

1.1 水戸栄楽映画劇場(1951年-1962年頃)

所在地 : 茨城県水戸市本町5-863(1961年)
開館年 : 1951年10月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年10月開館。1953年の映画館名簿では「栄楽映画劇場」。1955年・1958年・1960年・1961年の映画館名簿では「水戸栄楽映画劇場」。1955年の映画館名簿では経営者は坂場義雄、200席、松竹・大映を上映。1962年の映画館名簿では「浜田東映映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

「水戸みゆき座」や「水戸シネマ映画劇場」とともに、下市エリアにあった3館の映画館のひとつが「水戸栄楽映画劇場」です。1960年代初頭に閉館。水戸市立図書館にある住宅地図は1967年版が最古(『水戸市住宅詳細図』三洋堂)であり、正確な場所はわかりません。

 

1.2 水戸大映映画劇場(1955年頃-1964年頃)

所在地 : 茨城県水戸市泉町4-1049(1963年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「水戸大映劇場」。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「水戸大映映画劇場」。1963年の映画館名簿では経営者は京王映画、473席、大映を上映。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1963年時点で京王映画は水戸市内で「水戸松竹映画劇場」(後の水戸京王グランド)、「水戸大映映画劇場」、「水戸宝塚映画劇場」(後の水戸サンリオ東宝)、「水戸日活映画劇場」の4館を経営しており、この中で最も早く閉館したのが「水戸大映映画劇場」です。京王映画は1956年(昭和31年)に設立された京王グループの企業であり、「水戸京王グランド」閉館後の1989年(平成元年)に解散しています。1960年代中頃に閉館していますが、水戸市立図書館にある住宅地図は1967年版が最古(『水戸市住宅詳細図』三洋堂)であり、正確な場所はわかりません。

 

1.3 水戸シネマ映画劇場(1950年代後半-1965年頃)

所在地 : 茨城県水戸市本3丁目1082(1965年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1965年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「水戸シネマ映画劇場」。1964年の映画館名簿では「水戸シネマ」。1965年の映画館名簿では「水戸シネマ映画劇場」。1963年の映画館名簿では経営者は鈴木興業社、410席、邦画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

「水戸みゆき座」や「水戸栄楽映画劇場」とともに、下市エリアにあった3館の映画館のひとつが「水戸シネマ映画劇場」です。1960年代初頭に閉館。水戸市立図書館にある住宅地図は1967年版が最古(『水戸市住宅詳細図』三洋堂)であり、正確な場所はわかりません。

 

1.4 水戸東宝映画劇場(1950年-1968年頃)

所在地 : 茨城県水戸市裡信願寺町1286(1968年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年9月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「水戸東宝劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「水戸東宝映画劇場」。1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「水戸東宝劇場」。1967年の住宅地図では「東宝劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「リカーマウンテン水戸大工町店」などが入る「大工町ビル」。最寄駅はJR常磐線水郡線鹿島臨海鉄道大洗鹿島線水戸駅

「三笠会館」(後の水戸パンテオン)とともに、大工町にあった2施設の片方が水戸東宝映画劇場です。1966年(昭和41年)の『映画館名簿』によると633席の映画館。経営者は北日本興行という企業であり、東宝グループの六部興行とは異なるようであり、上映作品も東宝ではなく特選洋画となっています。跡地には1970年(昭和45年)竣工の大工町ビルが建っており、リカーマウンテンなどが入居しています。

f:id:AyC:20220115191737j:plain

(写真)1954年の水戸東宝劇場。「新・盛り場風土記」『キネマ旬報』1954年3月下旬号。

 

1.5 水戸みゆき座(1952年11月-1970年代初頭)

所在地 : 茨城県水戸市本町4-1088(1970年)
開館年 : 1952年11月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年11月開館。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「水戸国文館」。1963年の映画館名簿では「みゆき座」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「水戸みゆき座」。1967年の住宅地図では「みゆき屋」(誤字か?)。1973年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR常磐線水郡線鹿島臨海鉄道大洗鹿島線水戸駅

下市エリアでもっとも遅くまで営業していたのが「水戸みゆき座」であり、現在のイオンスタイル水戸下市の南にありました。1950年代の映画館名簿における名称は水戸国文館。1960年代の航空写真を見ると、国道51号はまだ開通しておらず、ハミングロードとふれあいロードは鍵型に接続しています。跡地はイオンスタイルの平面駐車場となっています。

f:id:AyC:20220115191314j:plain

(写真)1954年の国文館。「新・盛り場風土記」『キネマ旬報』1954年3月下旬号。

f:id:AyC:20200918223542p:plain

(地図)1960年代の水戸みゆき座周辺。地理院地図

 

1.6 水戸オデオン座(1953年1月-1984年8月31日)

所在地 : 茨城県水戸市宮町2-5-14 新水戸会館(閉館時)
開館年 : 1953年1月
閉館年 : 1984年8月31日
『全国映画館総覧 1955』によると1953年1月開館。1953年の映画館名簿では「オデオン座」。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「水戸オデオン座」。1966年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の映画館名簿では「水戸オデオン」。1977年の住宅地図では「新水戸会館 オデオン座」。1980年の映画館名簿では「水戸オデオン座」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「水戸東照宮」南の有料駐車場「宮之下駐車場」。最寄駅はJR常磐線水郡線鹿島臨海鉄道大洗鹿島線水戸駅

「水戸東映シネマ」から水戸東照宮を挟んで反対側、新水戸会館の1階には洋画上映館「水戸オデオン座」がありました。1953年(昭和28年)の開館時には国道50号より北の仲町(現在の大町3丁目など)にあり、1963年(昭和38年)末に火災で営業を休止した後、1970年代初頭に新水戸会館に入居したと思われます。

f:id:AyC:20220115191519j:plain

(写真)1954年のオデオン。新水戸会館移転前の仲町時代。「新・盛り場風土記」『キネマ旬報』1954年3月下旬号。

 

1965年(昭和40年)12月に竣工した新水戸会館は、結婚式場・ボウリング場・回転展望レストランなどを備えた豪華な施設。跡地は宮之下駐車場となっています。

f:id:AyC:20200917000546j:plain

(写真)水戸オデオン座跡地の駐車場 宮之下駐車場。

 

1.7 水戸ロマンス座(1958年頃-1988年頃)

所在地 : 茨城県水戸市宮町2-3-2(1988年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1988年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「ロマンス座」。1963年・1969年・1973年・1980年・1985年の映画館名簿では「水戸ロマンス座」。1967年の住宅地図では「富士ビル 映画ロマンス座など」。1977年の住宅地図では「富士ビル 地下1階ロマンス座」。1989年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東進衛星予備校水戸校」などが入る1989年竣工の(2代)「富士ビル」。最寄駅はJR常磐線水郡線鹿島臨海鉄道大洗鹿島線水戸駅

水戸駅前の銀杏坂交差点の西角、初代富士ビルの地下1階には「水戸ロマンス座」がありました。遅くとも1970年代後半には成人映画館となっていたようです。1980年代後半の映画館閉館後、跡地には1989年(平成元年)に2代目富士ビルが竣工しています。

f:id:AyC:20200917000633j:plain

(写真)左が水戸ロマンス座跡地の富士ビル。 

 

1.8 水戸京王グランド(1952年9月-1988年11月25日)

所在地 : 茨城県水戸市天王町4-27(1980年)
開館年 : 1952年9月(松竹映画劇場)、1963年(京王グランド・京王東宝
閉館年 : 1988年10月28日(京王プラザ)、1988年11月25日(京王グランド)
『全国映画館総覧 1955』によると1952年9月開館。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「水戸松竹映画劇場」。1966年の映画館名簿では「水戸京王グランド・水戸京王東宝映画劇場」(2館)。1967年の住宅地図では「京王グランド 京王東宝劇場 京王映画水戸営業所 喫茶モンブランなど」。1969年の映画館名簿では「水戸京王グランド・水戸日活映画劇場」(2館)。1973年の映画館名簿では「水戸京王グランド・水戸京王日活」(2館)。1977年の住宅地図では「京王グランド劇場」。1980年の映画館名簿では「水戸京王グランド・水戸京王プラザ」(2館)。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ライオンズマンション水戸」。最寄駅はJR常磐線水郡線鹿島臨海鉄道大洗鹿島線水戸駅

大工町から国道50号を超えて南側、泉町3丁目や天王町にも歓楽街が続いています。国道50号に並行する通りにはソープランド・メンズエステ・ファッションヘルスなどがあり、この通りの東端に「水戸京王グランド」がありました。ビルの2階に「京王グランド」が、地下1階に「京王プラザ」があったようであり、全盛期の京王グランドは880席の大劇場だったようです。

f:id:AyC:20220115191848j:plain

(写真)1954年の水戸松竹。「新・盛り場風土記」『キネマ旬報』1954年3月下旬号。

 

1988年(昭和63年)の閉館後、1992年(平成4年)には14階建てのライオンズマンション水戸が竣工しています。

f:id:AyC:20200917000506j:plain

(写真)水戸京王グランド跡地のライオンズマンション水戸

 

1.9 スカイシネマ(1978年5月26日-1989年頃)

所在地 : 茨城県水戸市南町1-2-22(1985年)
開館年 : 1978年5月26日
閉館年 : 1989年頃
1973年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では後の映画館の場所に「サントピア水戸(建)」。1980年の映画館名簿では「スカイシネマ」。1985年・1986年の映画館名簿では「水戸スカイシネマ」。1988年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ライオンズシティ水戸」北60mの有料駐車場「ONE'S PARK南町第10駐車場」。最寄駅はJR常磐線水郡線鹿島臨海鉄道大洗鹿島線水戸駅

1978年(昭和53年)5月26日に開業したファッションビルのサントピア - Wikipediaには、最上階の7階に映画館「スカイシネマ」があったようです。サントピアは国道50号にも面していましたが、逆「L」字型の建物だったため、ビルの重心は建物1軒分奥まった場所にあります。「スカイシネマ」は1980年代後半に閉館しましたが、サントピア自体は2007年(平成19年)5月31日まで営業していました。サントピアは2016年(平成28年)に取り壊され、跡地は駐車場 ONE'S PARK南町第10駐車場となっています。

f:id:AyC:20200917000710j:plain

(写真)サントピア跡地の駐車場 ONE'S PARK南町第10駐車場。

 

1.10 水戸サンリオ東宝(1953年1月-1992年1月26日)

所在地 : 茨城県水戸市南町1-4-14(1990年)
開館年 : 1953年1月
閉館年 : 1992年1月26日
『全国映画館総覧 1955』によると1953年1月開館。1955年の映画館名簿では「水戸銀座映画劇場」。1966年の映画館名簿では「水戸宝塚劇場」。1967年の住宅地図では「水戸日活」。1969年の映画館名簿では「水戸京王東宝劇場」。1977年の住宅地図では「京王東宝」。1973年・1980年の映画館名簿では「水戸京王東宝」。1990年の映画館名簿では「水戸サンリオ東宝」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「ONE'S PARK 南町第6駐車場」。最寄駅はJR常磐線水郡線鹿島臨海鉄道大洗鹿島線水戸駅

水戸駅から銀杏坂を北西に500m、中央郵便局前の三差路の南西側のエリアにあったのが「水戸サンリオ東宝」と「スカイシネマ」です。水戸サンリオ東宝の歴史は古く、1953年(昭和28年)に開館した「水戸銀座映画劇場」に起源を持つようです。

f:id:AyC:20220115191643j:plain

(写真)1954年の水戸銀座映画劇場。「新・盛り場風土記」『キネマ旬報』1954年3月下旬号。

 

1992年(平成4年)に「水戸サンリオ東宝」が閉店した後、2010年代中頃までは跡地にゲームセンターのプレイステージウインがあったようですが、現在の跡地は有料駐車場となっています。

f:id:AyC:20200916235751j:plain

(写真)右が水戸サンリオ東宝跡地の駐車場 ONE'S PARK 南町第6駐車場

 

水戸市にあった映画館について調べたことは「水戸市の映画館 - 消えた映画館の記憶」に掲載しており、その所在地については「消えた映画館の記憶地図(茨城県版)」にマッピングしています。

hekikaicinema.memo.wiki

www.google.com