振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

刈谷市の映画館

f:id:AyC:20200327134236j:plain

(写真)刈谷日劇が入る愛三ビル。名鉄刈谷市駅前ロータリー。

2020年(令和元年)3月、愛知県刈谷市を訪れました。刈谷市では現在も「刈谷日劇」が営業を続けており、かつては「大黒座」と「刈谷映画劇場」もありました。

 

 

1. 刈谷市を訪れる

刈谷市は愛知県の西三河地方にある人口約15万人の町。主産業は自動車産業であり、JR刈谷市駅前の南北にはデンソーアイシン精機豊田自動織機などトヨタ系企業の本社や工場があり、航空写真を見るとかなり存在感があります。

f:id:AyC:20200413222705p:plain

(地図)愛知県における刈谷市の位置。©Openstreetmap contributors

 

 

2. 刈谷市を歩く

2.1 刈谷市駅前商店街

JR刈谷駅から名鉄三河線に乗り換えて南に1駅の場所が刈谷市駅です。かつて刈谷市の繁華街は刈谷市駅の西側にあったようです。大型商業施設や大規模工場などが多い刈谷駅前と比べると、刈谷市駅前は高層マンションが目立ち、日中は乗降客も少なくて静かです。愛知県立刈谷高校刈谷北高校も刈谷市駅が最寄駅です。

f:id:AyC:20200327134241j:plain

(写真)名鉄三河線刈谷市駅

 

刈谷市駅と銀座通りをつないでいるのが刈谷市駅前商店街であり、特に通りの南側には高度成長期に建てられた3階建てのビルが一列に連なっています。刈谷市駅に近い場所にある旅館旭屋が気になりますが、すでに廃業しているようです。

f:id:AyC:20200428175049j:plain

(写真)刈谷市駅前商店街。奥は刈谷市駅

f:id:AyC:20200428174925j:plainf:id:AyC:20200428174945j:plain

(写真)刈谷市駅前商店街。(左)刈谷市駅に近い商店街東側。中央が旅館旭屋。(右)商店街中央部のビル。冨士洋服店

 

2.2 銀座通り

銀座通りの西側

かつて刈谷市でもっとも賑わっていた通りは銀座通りです。2010年代には銀座通りの西側で銀座AB地区整備事業などの再開発事業が行われ、2020年(令和2年)2月にはエクセルグランデ銀座タワーが竣工しました。この商業施設兼マンションは地上28階建て・高さ95mとのことで、刈谷駅前のAKARIYAを上回って刈谷市最高層の建築物となりました。銀座通りの西側では銀座タワー以外の部分にも戸建て住宅地が建設されており、商店街だったころの面影はありません。

f:id:AyC:20200327134341j:plain

(写真)銀座の街並み。正面はエクセルグランデ刈谷銀座タワー。

f:id:AyC:20200428174734j:plainf:id:AyC:20200327134352j:plain

(左)銀座の街並み。右奥はエクセルグランデ刈谷銀座タワー。(右)銀座通り。左は近年に建設された戸建て住宅地。右は松秀寺。

 

銀座通りの西側には通りに面して松秀寺があり、竜宮造の山門が印象的です。松秀寺の境内には秋葉神社があり、秋葉神社では重さ約60kgの張り子人形を一人で担いで舞う万燈祭が開催されます。2019年(平成31年)3月には刈谷市歴史博物館が開館し、肩に乗せて担ぐ体験ができる万燈が常設展示されています。

f:id:AyC:20200327134400j:plainf:id:AyC:20200327134409j:plainf:id:AyC:20200428174638j:plain

(左)松秀寺の本堂。(中)松秀寺の山門。(右)松秀寺の境内にある秋葉神社

f:id:AyC:20200413225831j:plain

(写真)万燈祭で用いられる張紙人形。刈谷市歴史博物館。

 

菊廣瀬酒造

現在の刈谷市に酒蔵はありませんが、かつては銀座4丁目付近に菊廣瀬酒造があり、1960年代の航空写真などでは強烈な存在感を放っています。菊廣瀬酒造の仕込み蔵は廃業後に移築されており、犬山市博物館明治村で見ることができます。桁行18間(約33m)という大きな建物であり、2004年(平成16年)には登録有形文化財に登録されています。

f:id:AyC:20200327134454j:plain

(写真)銀座にあった菊廣瀬酒造の跡地付近。

f:id:AyC:20200413201843j:plainf:id:AyC:20200413201850j:plain

(写真)犬山市博物館明治村にある菊の世酒蔵。菊廣瀬酒造の仕込み蔵を移築。


2.3 刈谷市の銭湯跡地

刈谷浴場

銀座通りは「新栄町北」交差点を境に東西に分かれますが、銀座通りの東側は西側よりもわずかに商店街の雰囲気を残しています。刈谷浴場は2011年(平成23年)に廃業しましたが、モザイクタイルの壁面や円柱が印象的な建物は2020年(令和2年)現在も存命です。

f:id:AyC:20200327134438j:plain

(写真)刈谷浴場。2011年廃業。

f:id:AyC:20200327134425j:plainf:id:AyC:20200327134447j:plain

(左)銀座通りの東側。右手前が刈谷浴場。(右)刈谷浴場のモザイクタイル。

 

上天温泉

刈谷市駅から南西に向かう通り沿いには上天温泉がありました。1927年(昭和2年)に開業し、1999年(平成11年)に廃業しています。設計は碧海郡刈谷町に建築事務所を構えていた大中肇であり、昭和初期に鉄筋コンクリート造の銭湯は珍しかったようです。すっかり街並みに溶け込んでいますが、いつ取り壊されてもおかしくないように思えます。

f:id:AyC:20200428173855j:plainf:id:AyC:20200428173859j:plain

(写真)上天温泉。1999年廃業。

 

 

3. 刈谷市の映画館

かつて刈谷市には映画館が3館あり、いずれも名鉄三河線刈谷市駅が最寄り駅でした。2020年(令和2年)現在は「刈谷日劇」のみが営業しています。

f:id:AyC:20200327164739p:plain

(写真)1960年代の刈谷市中心市街地。

f:id:AyC:20200327164747p:plain

(写真)2010年の刈谷市中心市街地。

 

3.1 刈谷映画劇場(1941年-2000年)

所在地 : 愛知県刈谷市広小路1-15(2000年)
開館年 : 1941年6月
閉館年 : 2000年9月24日
Wikipedia刈谷映劇
『全国映画館総覧 1955』によると1941年6月設立。1946年の映画館名簿では「刈谷東宝」。1950年の映画館名簿では「刈谷東宝映画劇場」。1953年・1955年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「刈谷映画劇場」。1973年の全航空住宅地図帳では「刈谷映画劇場」。跡地は2002年竣工のマンション「ユーハウス第5刈谷」。「刈谷映劇」とも。

1941年(昭和16年)6月、刈谷市初の映画専門館として開館したのが「刈谷映画劇場」です。もっとも銀座通りに近く、また県道沿いでもあったことから、往時は刈谷市で一番目立つ映画館だったのではないかと思われます。東宝や松竹の作品を上映する映画館であり、1980年代前半には『スター・ウォーズ』や『ゴジラ』を上映しています。刈谷市内の3館で一番早く、2000年(平成12年)9月24日をもって閉館しました。跡地には2002年竣工のマンション ユーハウス第5刈谷が建っています。

f:id:AyC:20200327134512j:plainf:id:AyC:20200327134517j:plain

(左)中央奥の茶色のマンションは刈谷映画劇場跡地にあるユーハウス第5刈谷。(右)刈谷映画劇場が面していた愛知県道48号岡崎刈谷線。

f:id:AyC:20200413203506j:plainf:id:AyC:20200413203511j:plain

(左)1966年の住宅地図。橙色は刈谷映劇と日本劇場。(右)「59年の歴史に幕 『刈谷映劇』24日に閉館 散り際は潔く 最後の2日間は『ドラえもん』を無料上映」『刈谷ホームニュース』2000年9月9日

f:id:AyC:20200413234359j:plain

(写真)昭和20年代刈谷映画劇場。『碧海の昭和』より。パブリック・ドメイン(PD)

 

3.2 大黒座(1918年-2012年)

所在地 : 愛知県刈谷市司町1-31(2010年)
開館年 : 1918年(芝居小屋として)、1950年(映画専門館化)、1982年頃(建て替え)
閉館年 : 2012年
Wikipedia大黒座
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月設立。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「大黒座」。1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「刈谷大黒座」。1973年の全航空住宅地図帳では「大黒座」であり当時は大黒座前バス停もあった。1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「刈谷大黒座シネマ1・2」(2館)。跡地は分譲住宅地。

明治時代の同一地点にあった芝居小屋「大生座」の跡地には、1918年(大正7年)に「大黒座」が開館しました。名古屋・伏見の御園座を模しており、格天井・回り舞台・花道などのある立派な劇場だったようです。1950年(昭和25年)には映画館に転換し、刈谷映画劇場に次いで2館目の映画専門館になると、東映や日活の作品を上映します。1982年(昭和57年)頃には大正建築を取り壊して2棟の小規模映画館を建設し、やがて成人映画の専門館となりました。大黒座の北西隣には広い庭園を持つ料理屋 大喜館がありましたが、大黒座と同時期に取り壊されてふれあいプラザゆうきそう(刈谷少年少女発明クラブなど)が建てられています。

2012年(平成24年)に閉館するとすぐに取り壊され、跡地は8軒分の戸建て住宅地となっています。コメダ珈琲店刈谷司店の向かい、金寿司の東側にある戸建て住宅地がそれですが、映画館の面影を偲ばせるものは何も残っていません。ロビーではレンタルビデオ業も行っていたようで、2013年(平成25年)には近隣のデイサービス施設に1200本のビデオテープが譲渡されています。

f:id:AyC:20200327134544j:plain

(左)左の金寿司の向こうが大黒座跡地にある戸建て住宅地。愛知県道51号知立東浦線。

f:id:AyC:20200413210100p:plainf:id:AyC:20200413210106p:plain

(左)1970年代後半の大黒座周辺。中央の巨大な和風建築が大黒座。左上の庭園は料理屋 大喜館。(右)1980年代初頭の大黒座周辺。中央の青屋根が大黒座。左上の赤屋根はふれあいプラザゆうきそう。いずれも国土地理院 地理院地図

f:id:AyC:20200413234141j:plain

(写真)大正建築時代の大黒座。『写真集 明治大正昭和 刈谷』より。パブリック・ドメイン(PD)

 

3.3 刈谷日劇(1954年-営業中)

所在地 : 愛知県刈谷市広小路3-33(移転前)、愛知県刈谷市御幸町4-208(移転後)
開館年 : 1954年(開館)、1971年(移転)
閉館年 : 営業中
Wikipedia刈谷日劇
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「日本劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「刈谷日本劇場」。1973年の映画館名簿では「刈谷日本劇場・刈谷小劇場」(2館)。1973年の全航空住宅地図帳では「刈谷会館 小劇 日劇 パチンコ」であり移転前の場所は空き地。1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「刈谷日劇刈谷小劇場」(2館)。1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「刈谷日劇刈谷小劇場・刈谷日劇3」(3館)。2010年の映画館名簿では「刈谷日劇刈谷小劇場」(2館)。2015年の映画館名簿では「刈谷日劇1・2」(2館)。

 

刈谷日劇の歴史

1954年(昭和29年)、刈谷市3番目の映画館として開館したのが「刈谷日劇」です。刈谷映画劇場や大黒座とは違って洋画上映館であり、刈谷市郷土資料館には「洋画の日劇」と書かれた広告物が展示されています。1954年から1971年までの刈谷日劇は、現在の京極歯科の場所にありました。

f:id:AyC:20200327134549j:plainf:id:AyC:20200327134609j:plain

(左)刈谷日劇旧館跡地にある京極歯科。(右)京極歯科が面した通り。

 

1971年(昭和46年)頃には170m南に5階建ての総合レジャービルを建設して移転。移転開館当初は刈谷日劇刈谷小劇の2館の小規模映画館で営業、1987年(昭和62年)4月29日には刈谷日劇日劇3・刈谷小劇3館体制となり、2000年代後半に再び2館に戻っています。2012年(平成24年)からは片方のスクリーンが名画座として、もう片方がミニシアターとして運用されています。

f:id:AyC:20200413220905j:plain

(写真)刈谷日劇が入る愛三ビル。

 

刈谷日劇の写真

f:id:AyC:20200413220944j:plain

(写真)スクリーン1。

f:id:AyC:20200413220954j:plainf:id:AyC:20200413221004j:plain

(左)スクリーン1の座席。(右)スクリーン2。

f:id:AyC:20200413221213j:plain

(写真)ロビーの壁面。壁画は美術監督林田裕至 - Wikipediaによる。刈谷市出身の映画監督である山戸結希 - Wikipediaのインタビュー記事が貼られている。

f:id:AyC:20200413221125j:plainf:id:AyC:20200413221129j:plainf:id:AyC:20200413221142j:plain

(左)受付とスクリーン2入口。(中)スクリーン1入口。(右)ロビー。

f:id:AyC:20200413221147j:plainf:id:AyC:20200413221154j:plain

(左)ロビーにあるパンフレット棚。(右)ロビー。

f:id:AyC:20200413221207j:plainf:id:AyC:20200413221252j:plain

(左)ロビーにあるメッセージボード。(右)ロビー。

f:id:AyC:20200413221259j:plain

(写真)建物5階の刈谷日劇入口。

f:id:AyC:20200413221315j:plainf:id:AyC:20200413221306j:plain

(左)入口脇のチラシ置き場。(右)入口脇の上映スケジュール案内。

f:id:AyC:20200413221417j:plainf:id:AyC:20200413221430j:plainf:id:AyC:20200413221440j:plain

(左)建物の階段。(中)建物のエレベーター内。(右)建物の階段にある創業者の銅像

f:id:AyC:20200413221449j:plainf:id:AyC:20200413221503j:plain

(左)夜間の建物1階部分。(右)屋外のポスター掲示場。

 

刈谷市の映画館について調べたことは「西三河地方の映画館 - 消えた映画館の記憶」にまとめており、跡地については「消えた映画館の記憶地図」にマッピングしています。

hekikaicinema.memo.wiki

www.google.com