振り返ればロバがいる

Wikipediaの「利用者:Asturio Cantabrio」によるブログです。ロバです。東京ウィキメディアン会・関西ウィキメディアユーザ会所属。図書館界で静かなブームとなっている(?)ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録などを書きます。

図書館での写真撮影(その4) 2016年のまとめ

ayc.hatenablog.com

ayc.hatenablog.com

ayc.hatenablog.com

 

2016年にAsturioが行った、図書館/オープンデータに関する活動をまとめた。

2016年の展開を時系列に並べる

2014年12月、初めてオープンデータ京都実践会のウィキペディアタウンイベントに参加した。無鄰菴がメインの街歩き&エディタソンのイベントだった。京都実践会のウィキペディアタウンには2015年4月、8月、12月、2016年以降にも参加している。京都実践会の中心メンバーには大きな刺激を受けている。何人かのウィキペディアンにお会いした。

2016年1月、東京・二子玉川で開催されたウィキペディア15周年イベント東京に参加した。数多くのウィキペディアンにお会いした。神奈川や北海道でCode for Xの活動をしている何人かの方には、このイベントの後にもお会いしたり手助けしてもらったりした。

2月には瀬戸内市ウィキペディアタウンを訪れ、嶋田学さんや岡本真さんにお会いする。3月には伊那市高遠町ウィキペディアタウンを訪れ、諸田さんや平賀さんにお会いする。京都から愛知に引っ越す2日前には、あこさんの東工大博物館の「博物館をひらく」に参加した。成果物のレベルの高さに驚き、京都では理解しきれていなかったウィキペディアタウンの可能性を感じる。懇親会ではなぜだか野原みあさんのインパクトが大きかった。

川崎市で行われたウィキペディア街道のミーティングと街歩き下見にこっそり参加する。5月には世田谷上町で開催されたウィキペディア街道に参加する。ここで藤井慶子さんにお会いできたのは大きい。6月以降には岡崎立中央図書館の連続講座に参加し、懇親会ではバスク地方について神代浩さんに鋭い指摘を受ける。

個人的な活動としてWikipedia記事「瀬戸内市立図書館 - Wikipedia」「伊那市立図書館 - Wikipedia」「田原市図書館 - Wikipedia」「陸前高田市立図書館 - Wikipedia」などを作成。Wikipediaの中と外に対するアピールのために、Wikipedia:良質な記事 - Wikipediaを狙って取った。

9月には地元の愛知県で第1回ブラトヨハシが開催される。どうしようもないくらいに迷惑をかけてしまったが、Wikipediaの編集をサポートする役を務めた。東久留米でのウィキペディアタウンにも参加した。

あることがきっかけで、この1年は意識的に同年代と関わるのを避けていた。11月には日帰りで図書館総合展を訪れた時には、初めて同年代と名刺を交換した。藤井さんが引き合わせてくれた。総合展後初の週末は第2回ブラトヨハシがあり、ここでもいろんな方との出会いがあった。

イルミネーションが飾られる季節、県立長野の平賀さんを囲んでご飯を食べる会に参加させてもらう。愛知県周辺の図書館人はこんな場所にいたのかと気づく。安城市中央図書館や岐阜市図書館での講演会に参加すると、自分たちの図書館のWikipedia記事の変化に気付いてくれる司書さんや館長さんがいた。

 

Asturioは図書館員でもなければエンジニアでもない。柄にもなく外に出ることの多い1年だったが、1人でコツコツとWikipedia記事を作る活動がメインなのは変わらない。

 

 

2016年に訪れた図書館96館

関東地方(4)

宇都宮市立中央、東久留米市立、大和市立(新館)、海老名市立中央

 

北信越地方(11)

県立長野、小布施町立、伊那市立伊那、伊那市立高遠、富山市立(本館)、富山市立駅南・こども、高岡市立、金沢海みらい、福井市立桜木、越前市立、鯖江

 

東海地方(18)

岐阜県岐阜市立(本館)、岐阜市立分館、飛騨市高山市、多治見市、三重県立、四日市市立、桑名市立中央、亀山市立、伊勢市立伊勢、皇學館大学附属、静岡県立中央、静岡市御幸町静岡市立清水中央、浜松市立中央、浜松市立城北、浜松市立駅前分室

 

愛知県(40)

愛知県、名古屋市鶴舞中央、名古屋市港、名古屋市瑞穂、名古屋市東、名古屋市西、南山大学附属、一宮市立中央、一宮市立子ども文化広場、春日井市犬山市立、小牧市立、稲沢市中央、稲沢市祖父江の森、名古屋文理大学附属、北名古屋市立、清須市立、津島市立、蟹江町尾張旭市立、長久手市中央、日進市立、おおぶ文化交流の杜、東浦町中央、岡崎市立中央、豊田市立中央、安城市中央、安城市KEY PORT、刈谷市中央、刈谷市富士松、刈谷市城町、高浜市立、碧南市民、西尾市立、みよし市立中央(新館)、知立市立、豊橋市中央、豊橋市大清水、田原市豊川市立中央、蒲郡市立、

 

関西地方(20)

滋賀県立、彦根市立、草津市南草津長浜市立、近江八幡市立、東近江市八日市東近江市能登川東近江市永源寺京都府立、京都市立中央、京都市立右京中央、立命館大学平井嘉一郎記念、奈良県図書情報館、奈良市立北部、大阪市立中央、伊丹市立、芦屋市立、芦屋市立打出分室、高砂市立(新館)、赤穂市

 

中国地方(2)

瀬戸内市立(旧館)、瀬戸内市牛窓

 

 

図書館の写真を撮る

twitterには2016年に93館の図書館(図書室も含む)を訪れたと書いたが、きちんと確認したら96館だった。ただし、うっかり休館日に訪れてしまって館内に入っていない図書館を含めて水増ししている。

 

Asturioは司書課程履修者でもないし、図書館関係者でもない。館内の写真を撮りたいというと困惑されることも多かった。図書館によって対応はさまざまだった。「館内で写真を撮る」という明確な目的があったことで96館も積み上がった。

 

・96館のうち95館では外観の写真を撮影。東久留米では撮り忘れた。

・96館のうち56館では館内の写真を撮影。

 

 

写真を公開する

外観・館内それぞれの写真はWikimedia Commonsにアップロードしている。おそらく1,000枚弱。誰かの役に立つかどうかはわからない。

 

訪問した図書館のマイマップを作成。外観の画像1枚と館内の画像1枚を掲載し、Wikimedia Commonsへのリンクを貼った。

例)大和市文化創造拠点SiRiUS - Category:SiRiUS - Wikimedia Commons

例)TOYAMAキラリ - Category:Toyama KIRARI - Wikimedia Commons

例)飛騨市図書館 - Category:Hida City Library - Wikimedia Commons

 

www.google.com