振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

答志島の映画館

f:id:AyC:20201207232035j:plain

(写真)答志島の和具漁港。

2020年(令和2年)12月、三重県鳥羽市の答志島を訪れました。伊勢湾の湾口部に浮かぶ答志島は三重県最大の有人島であり、約7km2の面積に約2500人が暮らしています。

 

 

1. 答志島を訪れる

f:id:AyC:20201208234533p:plainf:id:AyC:20201208235102p:plain

(左)愛知県から見た答志島の位置。©OpenStreetMap contributors(右)鳥羽市街地と答志島の各地区。Google マップ

 

鳥羽市街地の鳥羽マリンターミナルと和具漁港/答志漁港を結ぶ鳥羽市営定期船は10往復/日、鳥羽マリンターミナルと桃取漁港を結ぶ鳥羽市営定期船も10往復/日。鳥羽市街地からは答志島がはっきり見えており、鳥羽マリンターミナルから和具漁港まで15分-18分という近さです。

f:id:AyC:20201207232045j:plain

(写真)鳥羽マリンターミナル。 

f:id:AyC:20201207232108j:plainf:id:AyC:20201207232123j:plainf:id:AyC:20201207232053j:plain

(左・中)往路で乗船した「しおさい」。2016年竣工。(右)海上から見た鳥羽市街地。

f:id:AyC:20201207232131j:plainf:id:AyC:20201207232140j:plainf:id:AyC:20201207232153j:plain

(左・中)復路で乗船した「かがやき」。2009年竣工。(右)志摩マリンレジャーの遊覧船「竜宮城」。

 

 

2. 答志島を歩く

2.1 和具地区

和具は答志島の南東部にある地区であり、人口規模は答志島の3地区の中で最も小さい。対面して菅島があることで風が穏やかだと思われ、鳥羽~神島航路のちょうど中間地点にある点も立地の良さを感じるのですが、大規模な集落が発達しなかったのは水深が浅いからでしょうか。その代わりに和具サンシャインビーチと大間の浜海水浴場という2つの砂浜があり、和具サンシャインビーチの周囲には3階建て以上の旅館が点在しています。

f:id:AyC:20201207232200j:plain

(写真)和具サンシャインビーチ。

f:id:AyC:20201208234147p:plain

(写真)和具地区。Google マップ

 

答志地区と桃取地区をつなぐ位置にあることから、鳥羽市立答志小学校と鳥羽市立答志中学校も和具地区にあります。2017年(平成29年)には桃取地区の鳥羽市立桃取小学校が並行し、答志島の3地区すべての児童が答志小学校に通っているようです。

答志小学校・答志中学校では離島留学「寝屋子の島留学事業」が行われており、公式サイトには「東海地域唯一の離島留学事業」とあります。愛知県西尾市佐久島では島外在住者が定期船で通学する「しおかぜ通学」が行われていますが、寝屋子の志摩留学事業は家族で答志島に居住する制度のようです。

f:id:AyC:20201208205438j:plainf:id:AyC:20201208205444j:plain

(左)鳥羽市立答志小学校。(右)鳥羽市立答志中学校。

f:id:AyC:20201208205938j:plainf:id:AyC:20201208205943j:plain

(左)和具の街並み。(右)和具の路地。

f:id:AyC:20201208205601j:plainf:id:AyC:20201208205607j:plain

(左)九鬼嘉隆首塚三重県指定文化財。(右)九鬼嘉隆の胴塚。三重県指定文化財

 

答志地区より平地が多いのが和具地区の特徴であり、民家に近い場所にはちりめんの天日干し場が、山際には野菜畑が多くありました。ちりめんの旬は春と秋だそうで、11月までに訪れていれば天日干しの風景が見られたかも。

野菜畑は側面だけでなく上部も防獣ネットで覆われているものがほとんどであり、狭い農道と厳重な防獣ネットの対比が異様にも見えます。農作業していた方に聞いてみると、山から下りてくるイノシシが畑を荒らすらしい。

f:id:AyC:20201207232230j:plainf:id:AyC:20201207232207j:plainf:id:AyC:20201207232214j:plain

(左)ちりめんの天日干し場。(中・右)和具にある野菜畑。

 

2.2 答志地区

和具地区から低い峠を挟んで北に約1km、正面に神島や渥美半島伊良湖岬を望む場所にあるのが答志地区です。答志地区は答志島における海面漁業の中心のようであり、答志漁港の西部には5階建ての鳥羽磯部漁業協同組合 滅菌海水製氷棟(鮮度保持のために魚倉を満たす氷)がそびえています。

f:id:AyC:20201207232223j:plain

(写真)答志漁港の東部。

f:id:AyC:20201208234032p:plain

(写真)答志地区。Google マップ

 

和具地区と答志地区の間にある峠の近くには、美多羅志神社、潮音寺、蟹穴古墳、岩屋山古墳という旧跡が集まっています。三重県南部や伊勢湾の各島の神社と同じく、美多羅志神社は20年ごとに式年遷宮を行う神社ですが、この2020年(令和2年)11月に遷宮を行ったばかりとのことで社殿がまぶしい。境内には龍の顔の形をしたシイの木「龍神さん」がありました。

f:id:AyC:20201208205740j:plainf:id:AyC:20201208205747j:plainf:id:AyC:20201208205804j:plain

(左)美多羅志神社の本殿。(中)美多羅志神社の「竜神さん」。(右)潮音寺。

 

美多羅志神社や潮音寺の脇から山に入ると、7世紀後半の横穴式石室を持つ蟹穴古墳があります。1921(大正10)年の調査で重要文化財の須恵器が出土し、東京国立博物館で保存されているそう。所在地としては答志地区ですが、和具地区を見下ろす場所にあります。

f:id:AyC:20201208205839j:plainf:id:AyC:20201208205845j:plain

(左)重要文化財の須恵器が出土した蟹穴古墳。(右)答志島の総鎮守である八幡神社

答志地区は和具地区より民家が密集しており、幅1-2mの路地が縦横に走っています。住民の移動手段はもっぱら原付のようで、狭い路地の中でもおかまいなしに走っています。比較的広めの路地としてはロンク食堂前の路地やコンビニエンスストアたけなか前の路地がありました。

答志地区ではあらゆる家に暗号のようなマルハチのマークが描かれていますが、これは(マルハチをシンボルとする)名古屋に縁がある島民が多いのからではなく、毎年1月に八幡神社の神紋を描いて厄除けや大漁祈願としているのだそうです。八幡祭で使用された炭を使って毎年描きなおしているようです。

f:id:AyC:20201207232238j:plainf:id:AyC:20201207232247j:plain

(左)ロンク食堂。(右)コンビニエンスストアたけなか。

 

伊勢志摩地方には中学校を卒業した男子が共同生活を送る寝屋子制度 - Wikipediaという風習があり、現在は伊勢志摩地方の中でも答志島だけに残っているそうです。答志島の漁業は個人事業主による沿岸漁業や養殖業がほとんどだと思われ、(相対的に)共同作業の重要性が薄いのではないかと思いましたが、なぜ答志島だけに残ったのだろう。

f:id:AyC:20201207232258j:plainf:id:AyC:20201207232308j:plain

(左)寝屋子交流の館。(右)現代的な民家。まるで表札のようにマルハチのマーク。

f:id:AyC:20201207232320j:plainf:id:AyC:20201207232327j:plainf:id:AyC:20201207232335j:plain

(左・中・右)原付が多い答志地区の路地。

f:id:AyC:20201207235012j:plainf:id:AyC:20201207235018j:plain

 (左・右)答志地区のねこ。

 

 

3. 答志島の映画館

3.0 文献での映画館調査

映画館名簿

各年版の『映画年鑑 別冊 映画便覧』(時事通信社)には、"答志中央劇場"、"安盛座"、"答志劇場"、"答志東映劇場"、"桃取文化センター"という5つの名称の映画館が登場します。安盛座/答志劇場/答志東映劇場が同一施設だと推測すると、「桃取文化センター」「安盛座」「答志中央劇場」の3館が存在したことになります。

 

住宅地図

三重県立図書館が所蔵する住宅地図で最も古いのは1972年(昭和47年)の『ゼンリン住宅地図 鳥羽市・志摩郡』(善隣出版社)ですが、答志島の映画館は掲載されていません。

鳥羽市立図書館は5年古い1967年(昭和42年)の『鳥羽市住居表示案内図』(日本住宅地図出版事業協同組合)を所蔵しています。閉館から数年経っていると思われる「中央劇場 浜崎ミツエ 石黒」と「答志劇場 稲葉文雄」が掲載されており、桃取文化センターは掲載されていません。「答志中央劇場」は現在の食料雑貨店 八百安の場所、「答志劇場」は現在の民宿旅館の裏手付近だと判断しましたが、距離や方角が正確でない地図のため、現地で聞き取り調査を行う必要があると感じました。

 

3.1 桃取文化センター(1963年頃-1965年頃)

所在地 : 三重県鳥羽市桃取町248(1964年・1965年)
開館年 : 1963年頃
閉館年 : 1965年頃
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1964年・1965年の映画館名簿では「桃取文化センター」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。答志島の桃取地区。

1964年と1965年の映画館名簿のみに登場する映画館です。1964年の映画館名簿によると、経営者は尾崎楠太郎、支配人は尾崎多嘉子、木造平屋建、定員150、邦画を上映。今回は桃取地区を訪れていないので場所を特定できていません。桃取町248という番地には民家があるようですが、この場所が桃取文化センターの跡地だとは断定できません。

 

3.2 答志中央劇場(1959年頃-1960年代中頃)

所在地 : 三重県鳥羽市答志町(1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1958年・1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1961年・1962年・1963年・1964年の映画館名簿では「答志中央劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が浜崎みつえ、木造平屋建、100席、邦画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は食料雑貨店「八百安」。答志島の答志地区。

1964年の映画館名簿によると、経営者・支配人ともに浜崎みつえ、木造平屋建、定員100、邦画を上映。住宅地図から答志中央劇場跡地と推定した食料雑貨店 八百安で店番をしていた女性(50代?)に聞いてみると、八百安の"奥さん"に電話してくれました。「確かに八百安の場所には映画館があった。中央劇場という名前だった」とのこと。

f:id:AyC:20201207232345j:plain

(写真)答志中央劇場跡地にある八百安。

 

3.3 安盛座(1955年頃-1960年代中頃)

所在地 : 三重県鳥羽市答志町(1964年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「安盛座」。1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「答志劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が浜口与作、木造平屋建、120席、邦画を上映。1963年・1964年の映画館名簿では「答志東映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「民宿旅館しま」南東の民家。答志島の答志地区。

1964年の映画館名簿によると、経営者・支配人ともに稲沢文雄、木造平屋建、定員200、邦画を上映。八百安の"奥さん"によると、「答志島には中央劇場のほかに安盛座(あんせいざ)もあった。現在の民宿旅館しまの裏手、"まさよしまる"がある場所にあった」とのこと。答志島にあった映画館が2館だったことがはっきりしました。"まさよしまる"というのは安盛座跡地に暮らす方が所有する漁船の名前でしょうか。

f:id:AyC:20201207232405j:plain

(写真)安盛座跡地に近い民宿旅館しま。右手奥に映画館があった。

 

答志島にあった映画館について調べたことは「三重県の映画館 - 消えた映画館の記憶」に掲載しており、その所在地については「消えた映画館の記憶地図(中部版)」にマッピングしています。

hekikaicinema.memo.wiki

www.google.com