振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

厚木市の映画館(2)

f:id:AyC:20210605023800j:plain

(写真)あつぎのえいがかんkiki。

2021年(令和3年)4月、神奈川県厚木市を訪れました。現在の厚木市には3スクリーンの映画館「あつぎのえいがかんkiki」がありますが、かつては時代ごとに様々な映画館がありました。「厚木市の映画館(1)」からの続きです。

ayc.hatenablog.com

 

1. 厚木市の映画館

1.1 厚木キネマ(戦前)

所在地 : 神奈川県愛甲郡厚木町本町(1930年・1936年)
開館年 : 1921年
閉館年 : 不明
1930年・1936年の映画館名簿では「厚木キネマ」。1930年の映画館名簿では経営者が小島庄吉、支配人が高井浅吉、定員は記載なし。1936年の映画館名簿では興業主が梅沢太郎、松竹を上映。1955年の映画館名簿には掲載されていない。

1932年の『大日本職業別明細図』を見ると、東町に厚木キネマが描かれていました。あゆみ橋に至る道路より北側であり、『大日本職業別明細図』にも描かれている石村集文堂・栄光堂の北東、アーバンヒルズ本厚木の東側付近のようです。

f:id:AyC:20210702065332j:plain

(地図)1932年の東町周辺。右下に厚木キネマ。『大日本職業別明細図 第314号』1932年。

f:id:AyC:20210605023904j:plain

(写真)かつて厚木の中心だった1955年の天王町。『昭和30年代の神奈川写真帖 下巻』アーカイブス出版、2007年。厚木市立中央図書館などが所蔵。



1.2 厚木映画劇場(1943年-1960年代中頃)

所在地 : 神奈川県厚木市本町3531(1960年・1963年)
開館年 : 1943年1月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1943年1月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「厚木映画劇場」。1955年の映画館名簿では経営者・支配人ともに飯島策司、木造2階、定員363、混合を上映。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「厚木映画劇場」。1963年の映画館名簿では経営者が飯島庸介、支配人が関屋由雄、木造2階、定員500、大映・新東宝を上映。1965年の厚木市明細地図では発見できなかった。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

 

1.3 厚木中央劇場(1950年代後半-1960年代後半)

所在地 : 神奈川県厚木市厚木1843(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「厚木中央劇場」。1965年の厚木市明細地図では「厚木中央劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が関屋ツル、支配人が関屋勲、木造1階冷暖房付、定員355、松竹・東宝大映東映を上映。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1970年の住宅地図では跡地に「スーパーせきや」建物北側。跡地は「朝日本厚木マンション」。最寄駅は小田急小田原線本厚木駅

f:id:AyC:20210605023918j:plain

(写真)1957年頃の厚木中央劇場。『より豊かなひろがりを』厚木市役所、1975年。

f:id:AyC:20210605023922j:plain

(地図)厚木中央劇場が描かれた1965年の住宅地図。中央。『厚木市明細地図 昭和40年度版』明細地図社、1965年。神奈川県立図書館所蔵。

 

1.4 厚木セントラル劇場(1950年代後半-1975年頃)

所在地 : 神奈川県厚木市中町2-5-19(1975年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1975年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「厚木セントラル劇場」。1965年の厚木市明細地図では「セントラル劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が関屋ツル、支配人が関屋勲、木造1階冷暖房付、定員315、洋画を上映。1972年の住宅地図では「厚木セントラル劇場」。1973年・1975年の映画館名簿では「厚木セントラル」。1975年の映画館名簿では経営会社が関屋映画興行、経営者が関屋光子、支配人が山口隼太、木造1階冷暖房付、182席、松竹・東映東宝を上映。1976年・1978年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では跡地に「厚木セントラルビル(建設中)」。跡地は「厚木市立中央図書館」西70mにある「ミナミビル」。最寄駅は小田急小田原線本厚木駅

『より豊かなひろがりを』(厚木市役所、1975年)には1954年頃の「厚木キネマ」の写真が掲載されているし、他の文献にも戦後の厚木キネマに言及したものがあるのですが、戦後の映画館名簿に厚木キネマという映画館が登場しません。厚木なかちょう大通り商店街振興組合の六ヶ村さんは厚木セントラル劇場の場所に言及するときに "キネマ" という言葉を使ったため、戦後の厚木キネマは厚木セントラル劇場と同一の施設であると解釈しました。

f:id:AyC:20210605023951j:plain

(写真)1954年頃の厚木キネマ。『より豊かなひろがりを』厚木市役所、1975年。

f:id:AyC:20210605024000j:plain

(写真)厚木日活・セントラル劇場・中央劇場の映画看板が見える本厚木駅前。小田急線の高架化前。『昭和30年代の神奈川写真帖 下巻』アーカイブス出版、2007年。厚木市立中央図書館などが所蔵。

f:id:AyC:20210605024006j:plain

(地図)厚木セントラル劇場が描かれた1965年の住宅地図。中央左。『厚木市明細地図 昭和40年度版』明細地図社、1965年。神奈川県立図書館所蔵。

 

 

1.5 厚木プラザ劇場(1950年-1980年代後半)

所在地 : 神奈川県厚木市幸町10-17(1986年)
開館年 : 1950年2月
閉館年 : 1986年以後1988年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年2月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「厚木東宝」。1955年の映画館名簿では経営者・支配人ともに宮田昌彦、木造1階、定員200、混合を上映。1958年・1960年の映画館名簿では「厚木日活」。1963年の映画館名簿では「厚木東宝」。1965年の厚木市明細地図では「厚木日活劇場」。1966年の映画館名簿では経営者・支配人ともに佐藤峯雄、木造1階冷暖房付、定員250、日活・洋画を上映。1966年・1969年の映画館名簿では「厚木日活劇場」。1971年の道路拡幅の際に建物を改装。1973年・1976年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「厚木プラザ劇場」。1975年の映画館名簿では経営会社が佐藤商事、経営者が佐藤峯雄、支配人が佐藤満雄、鉄筋造2階冷暖房付、108席、日活・洋画を上映。1976年の住宅地図では「厚木プラザ劇場」。1986年の映画館名簿では経営会社が佐藤商事、経営者が佐藤峯雄、支配人が佐藤満雄、鉄筋造2階、108席、にっかつ・成人映画を上映。1988年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「宝安寺」東90mにある数軒分の民家。最寄駅は小田急小田原線本厚木駅

厚木市幸町にあった映画館は、時代とともに「厚木東宝」、「厚木日活」、「厚木プラザ劇場」と名を変えています。

f:id:AyC:20210605024012j:plain

(写真)1954年頃の厚木東宝。『より豊かなひろがりを』厚木市役所、1975年。

f:id:AyC:20210605024019j:plain

(地図)厚木日活劇場が描かれた1965年の住宅地図。中央。『厚木市明細地図 昭和40年度版』明細地図社、1965年。神奈川県立図書館所蔵。

f:id:AyC:20210605024032j:plain

(地図)厚木日活劇場が描かれた1973年の住宅地図。中央。『厚木市明細地図 昭和48年版』明細地図社、1972年。厚木市立中央図書館などが所蔵。

 

キネマ旬報社の映画雑誌『キネマ旬報』には、1972年(昭和47年)1月上旬号から1977年(昭和52年)8月下旬号まで130回にわたって、個別の映画館についての連載「われらの映画館」が掲載されてました。130回中16回は神奈川県の映画館が掲載されており、厚木市では厚木プラザ劇場が掲載されています。"冷房装置のない電車を乗り継いで、本厚木までやってきた" という文章が時代を感じさせます。1976年(昭和51年)当時の厚木市街地の様子が目に浮かぶような文章もあります。

厚木プラザ劇場は、相模川に面した旧国道に、ひっそりとした様子でたっていたのである。イヤ、昔はね、この前の通りが厚木の繁華街だったんですよ。銀座という名まえが残っているようにね。だから、昔の地図を見ると、この通りとあとは国道246しか出ていない。駅のまわりなんかは、一、二年前までは田圃だったんですからね。それが、丸井だとか銀行だとかができるようになって賑やかになったんで、この辺の商店は、みんな向うに出て行ったんです。いまじゃ、この道を通るのは車だけ……

f:id:AyC:20210608141356j:plain

(写真)「われらの映画館 110回 厚木プラザ劇場」『キネマ旬報』1976年9月下旬号、691号。

 

1.6 厚木ミリオン座(1990年代初頭-1994年)

所在地 : 神奈川県厚木市中町3-12-4(1994年)
開館年 : 1990年以後1992年以前
閉館年 : 1994年頃
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年・1994年の映画館名簿では「厚木ミリオン座」。1992年の映画館名簿では経営会社が横浜興行、経営者が福田豊、支配人が黒多孝、鉄筋造地下、100席、洋画を上映。1993年の住宅地図では「山口歯科ビル 1階ミリオン座」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。1996年の住宅地図では跡地に「山口歯科ビル 1階ブックマン」。建物の山口歯科ビルは現存。最寄駅は小田急小田原線本厚木駅

 

1.7 厚木スバル座・厚木ミラノ座(1970年代後半-1994年頃)

 所在地 : 神奈川県厚木市仲町3-6(1994年)
開館年 : 1976年以後1978年以前
閉館年 : 1994年頃
1970年の住宅地図ではのちの映画館の場所に「神奈中厚木ボウル」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1994年の映画館名簿では「厚木スバル座・厚木ミラノ座」(2館)。1991年の住宅地図では「神奈中ビル 厚木レジャーセンター 2階厚木ミラノ座・厚木スバル座」。1992年の映画館名簿では経営会社が横浜興行、経営者が福田豊、支配人が黒多孝、鉄筋造2階、200席と200席、スバル座が邦画、ミラノ座が洋画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ホットヨガスタジオLAVA本厚木店」などが入る「MIRAIビル」。最寄駅は小田急小田原線本厚木駅

ボウリング場も入っていたあつぎ大通りの厚木レジャーセンターにあった映画館。

 

1.8 厚木シネマミロード(1993年-2005年)

所在地 : 神奈川県厚木市中町2-2-1 小田急本厚木ミロード2 7階(2005年)
開館年 : 1993年11月4日
閉館年 : 2005年5月18日
1990年・1992年の映画館名簿には掲載されていない。1994年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「厚木シネマミロード1・2・3」(3館)。1994年の映画館名簿では経営会社が東急レクリエーション、経営者が岡田茂、支配人が巖谷忠一、鉄筋造7階、1が126席、2が98席、3が126席、いずれも邦画・洋画を上映。2004年の映画館名簿では経営会社が東急レクリエーション、経営者が長谷川勝弥、支配人が服部啓介、鉄筋造7階、1が126席、2が99席、3が126席、いずれも邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。大規模商業施設「厚木ミロード」は営業中。最寄駅は小田急小田原線本厚木駅

厚木駅前の商業ビルであるミロードにあった映画館。

f:id:AyC:20210605041349j:plain

(写真)ミロード1。 ※映画館があったのは写真の建物ではなくミロード2 Lover of Romance - CC BY-SA 3.0 - Wikimedia Commons

 

1.9 厚木テアトルシネパーク(1994年-2008年)

所在地 : 神奈川県厚木市中町2-12-15 厚木パルコ本館9階(2008年)
開館年 : 1994年
閉館年 : 2008年2月24日
1990年・1994年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年・2005年・2008年の映画館名簿では「厚木テアトルシネパーク1・2・3」(3館)。2008年の映画館名簿では経営会社が東京テアトル、経営者が松下晴彦、支配人が熊木清、鉄筋造9階、150席・174席・59席、いずれも邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。映画.comシネマやあつぎのえいがかんkikiと同一地点。

 

1.10 アミューあつぎ映画.comシネマ(2014年-2018年)

所在地 : 神奈川県厚木市中町2-12-15 アミューあつぎ9階(2018年)
開館年 : 2014年4月26日
閉館年 : 2018年11月9日
厚木テアトルシネパークの跡地に開館。2015年の映画館名簿では「アミューあつぎ映画.comシネマ1・2」(2館)。2018年の映画館名簿では「アミューあつぎ映画.comシネマ1・2・3」(3館)。2018年の映画館名簿では経営会社がシーズオブウイッシュ、経営者が青山大蔵、支配人が林田義行、174席・58席・112席。

 

1.11 あつぎの映画館kiki(2018年-営業中)

所在地 : 神奈川県厚木市中町2-12-15 アミューあつぎ9階(2020年)
開館年 : 2018年12月15日
閉館年 : 営業中
厚木テアトルシネパークと映画.comシネマの跡地に開館。2020年の映画館名簿では「あつぎのえいがかんkiki 1・2・3」(3館)。2020年の映画館名簿では経営会社が映像機器システム社、経営者が武仲清一、支配人が神山綾、154席・58席・112席。

f:id:AyC:20210605023800j:plain

(写真)あつぎのえいがかんkikiの入口。

f:id:AyC:20210605024037j:plain

(写真)リクエストボード。 

f:id:AyC:20210605024045j:plain

(写真)アミューあつぎのフロア案内。最上階の9階があつぎのえいがかんkiki。

 

厚木市の映画館について調べたことは「神奈川県の映画館 - 消えた映画館の記憶」にまとめており、跡地については「消えた映画館の記憶地図(神奈川県版)」にマッピングしています。

hekikaicinema.memo.wiki

www.google.com