振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

揖斐川町の映画館

f:id:AyC:20201108004101j:plain

(写真)揖斐川町立いびがわ図書館。

2020年(令和2年)10月、岐阜県揖斐郡揖斐川町を訪れました。かつて揖斐川町には「揖斐中央劇場」「揖斐劇場」「宝来館」の3館の映画館がありました。

 

 

1. 揖斐川町立いびがわ図書館

2020年(令和2年)5月26日に開館した揖斐川町立いびがわ図書館 - Wikipediaも訪れました。訪問後にはWikipedia記事も作成し、撮影した写真はWikimedia Commonsにアップロードしました。

ja.wikipedia.org

commons.wikimedia.org

 

1.1 図書館の歴史

1972年(昭和47年)には図書館法に基づく揖斐川町立図書館が開館。揖斐川町役場の旧庁舎を転用した施設だったようですが、岐阜県の町村立図書館としてはかなり早い時期の開館です。

1980年(昭和55年)には鉄筋コンクリート造の旧館が開館。この時点でも町村立図書館はまだ少なく、貸出方式はブラウン方式を採用、コンピュータは未導入の図書館でした。2005年(平成17年)の合併を機に揖斐川町揖斐川図書館に改称し、町内3館の中央館という位置づけになりました。

建物の老朽化や耐震強度不足などを理由に、2020年(令和2年)5月26日には旧館から約100m離れた場所に現行の揖斐川町立いびがわ図書館が開館。岐阜県産のスギ材やヒノキ材を用いた木造館であり、岐阜県で初めてCLT工法(強度の高い圧型木製パネルによる工法)を用いた建築物とのことです。

f:id:AyC:20201108004120j:plain

(写真)揖斐川町立いびがわ図書館。2階の一般書。

 

1.2 図書館の館内

いびがわ図書館の売りは木育ひろばのようで、建物入口を入って左側にはカウンターが、右側には木育ひろばがありました。岐阜県は県として木育の取り組みを進めており、様々な児童館・図書館・子育て支援センターに類似の部屋があるようです。柱ではなく壁面(木製パネル)で躯体を支えるのがCLT工法の特徴とのことであり、1階も2階も木製パネルが見える部分があります。

1階が児童書と生活書と郷土資料、2階は一般書と文芸書というフロア構成です。テーマ展示は目立たず、特徴ある分野の別置も少ない。特に2階は「本がたくさんある空間」という印象であり、職員の手がまったく加わっていないかのように殺風景です。岐阜薬科大学で学長を務めた水野瑞夫からの寄贈書コーナーがありましたが、なぜ水野氏から寄贈を受けたのかはわかりませんでした。

f:id:AyC:20201108004110j:plainf:id:AyC:20201108004115j:plainf:id:AyC:20201108004127j:plain

(左)1階の通路。左はカウンター。(中)木育ひろばや絵本。(右)一般書の書架と閲覧席。



 

2. 揖斐川町の映画館

明治末期には大垣市にあった劇場を移築し、揖斐郡揖斐町の北新町に「高砂座」が開館します。1927年(昭和2年)の火災後には昭和町に2代目の高砂座が建設され、戦時中まで経営されました。

所酒造から北西方向に小川を渡った場所、うなぎ屋の八千代の北東には、戦前に高砂座という芝居小屋があったと聞いている

f:id:AyC:20201107213705j:plain

(写真)戦前の昭和町にあった2代目高砂座。

 

戦後の揖斐郡揖斐町/揖斐川町には「揖斐中央劇場」(1953年-1960年代中頃)、「揖斐劇場」(1945年-1960年代中頃)、「宝来館」(1950年代後半-1960年代中頃)の3館の映画館がありました。3館あった自治体としては映画館がなくなる時期が早く、映画館が掲載されている住宅地図はありません。文献から跡地が判明するのは揖斐中央劇場のみです。

揖斐川町史』における所在地の記述や、1970年代の航空写真で揖斐劇場と宝来館の場所の見当を付け、1891年(明治24年)創業というみのや萩薬局に入りました。みのや薬局は創業時から場所を変えずに営業しているそうであり、店内には戦前の薬看板が多数掲げられています。主たる事業が薬の製造だった頃の資生堂の看板などもありました。

主人(70代?)に映画館の話を聞いたところ、1970年代の航空写真に写っている巨大な建物2棟が映画館の建物だった裏付けが取れました。本ブログにおける青文字の部分がみのや萩薬局の主人の話です。

f:id:AyC:20201108205550p:plain

 

2.1 宝来館(1950年代後半-1960年代中頃)

所在地 :岐阜県揖斐郡揖斐川町(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「宝来館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1976年・1987年のゼンリン住宅地図では跡地に「青年の家」。1994年のゼンリン住宅地図では跡地に「下新町公民館」。跡地は「真教寺」西側の「下新町コミュニティセンター」。

揖斐川町で最も東側にあった映画館が「宝来館」。名鉄揖斐線廃線となる2001年(平成13年)までは、本揖斐駅に最も近かった映画館でもあります。

久保田歯科の前の路地を南に入り、真教寺から路地を挟んで東側に映画館があった。現在は会館になっているかもしれない。名前は覚えていない。『ほうらいかん』という名前ではなかったと思う

f:id:AyC:20201108003550j:plainf:id:AyC:20201108003328j:plain

(左)話を聞いたみのや萩薬局。(右)宝来座跡地の下新町コミュニティセンター。

 

2.2 揖斐劇場(1945年-1960年代中頃)

所在地 : 岐阜県揖斐郡揖斐川町(1963年)
開館年 : 1945年11月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧1955』によると1945年11月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「揖斐劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では跡地に「川口屋」。1980年の住宅地図では跡地に「スーパーチェーン川口屋揖斐店」。1987年・1994年の住宅地図では跡地に「スーパー川口屋揖斐店」。現在の跡地は「大垣西濃信用金庫揖斐川支店」南東60mにあるガレージのある駐車場。

1945年(昭和20年)11月には揖斐郡揖斐町の上新町に「揖斐劇場」が開館。旧道と新道(国道303号)を結ぶ幅の狭い道路に面していました。跡地はスーパーとなった後、現在は駐車場です。

みのや萩薬局の東側にある路地を南に入り、現在は駐車場になっている場所には揖斐劇場があった。3館の中で最後まで営業していたのは揖斐劇場だったのではないか

f:id:AyC:20201107213920j:plain

(写真)戦後の揖斐劇場。『揖斐川町史 通史編』(揖斐川町、1971年)。

f:id:AyC:20201108003346j:plainf:id:AyC:20201108003350j:plain

(左)揖斐劇場が面していた路地。中央右が揖斐劇場跡地。(右)揖斐劇場跡地の駐車場。

 

2.3 揖斐中央劇場(1953年-1960年代中頃)

所在地 : 岐阜県揖斐郡揖斐川町(1963年)
開館年 : 1953年10月5日
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。『全国映画館総覧1955』によると1953年10月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「揖斐中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1976年・1980年の住宅地図では跡地に「駐車場」。現在の跡地は巡礼花街道沿いにある「北野神社」鳥居の西隣。

1953年(昭和28年)には揖斐郡揖斐町の中町に「揖斐中央劇場」が開館。十六銀行揖斐川支店やJAいび川揖斐支店からすぐであり、昔も今も東側には北野神社の鳥居があります。

北野神社の隣には中央劇場があった。西側だったか東側だったかは覚えていない。中央劇場は火災で焼失した

f:id:AyC:20201107213514j:plain

(写真)1958年の揖斐中央劇場。『保存版 ふるさと揖斐・本巣・山県』(郷土出版社、2012年)。

f:id:AyC:20201108003412j:plainf:id:AyC:20201108003417j:plain

(左)揖斐中央劇場跡地の駐車場。(右)揖斐中央劇場跡地と北野神社。


揖斐川町にあった映画館について調べたことは「岐阜県の映画館 - 消えた映画館の記憶」に掲載しており、その所在地については「消えた映画館の記憶地図(中部版)」にマッピングしています。

hekikaicinema.memo.wiki

www.google.com