振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

江波の映画館

f:id:AyC:20200730234522j:plain

(写真)『この世界の片隅に』のポスターが掲示されている八丁座

2020年(令和2年)7月、広島市中区の江波(えば)を訪れました。戦後の江波には「第三有楽」と「江波松映」という2館の映画館がありました。

 

 

1. 江波を訪れる

江波には広電江波線が通じており、広島駅から乗り換えなしで訪れることができます。2016年(平成28年)に公開された映画『この世界の片隅に』では、主人公の浦野すずが江波で生まれ育ったという設定であり、「波のうさぎ」の絵を描いた江波山などにも登りました。

f:id:AyC:20200730225420p:plain

(地図)広島市における江波の位置。©OpenStreetMap contributors

f:id:AyC:20200730225433p:plain

(写真)現在の江波。Google マップ

f:id:AyC:20200730230759p:plain

(写真)1930年頃の広島市の地図。『日本地理風俗大系 第10巻』新光社、1930年

 

 

2. 江波の映画館

戦後の江波には「第三有楽」と「江波松映」という2館の映画館がありました。1950年(昭和25年)の地形図を見ると江波の市街地は港周辺のみですが、1950年代から1960年代初頭にかけて西側に大きく広がり、第三有楽があった場所付近にも商店が集まっていたようです。1980年代には江波地区を南北に縦断する道路が開通し、2014年(平成26年)には江波地区を東西に横断する広島南道路が開通したことで、江波の環境は大きく変化しています。

f:id:AyC:20200730225929p:plainf:id:AyC:20200730225934p:plain

(左)1925年の江波。(右)1950年の江波。今昔マップ on the web

f:id:AyC:20200730225447p:plain

(写真)1960年代前半の江波。今昔マップ on the web

 

 

2.1 江波松映(1950年代末-1960年代中頃)

所在地 : 広島県広島市江波本町(1960年)、広島県広島市江波町808(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「江波松映」。1960年・1964年の住宅地図では「江波松映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「新宅家具店」。跡地は「中山ビル」。

f:id:AyC:20201106153522j:plain

(地図)江波松映付近の住宅地図。中央右。

 

2.2 第三有楽(1953年-1970年代初頭)

所在地 : 広島県広島市江波町15(1955年・1958年・1960年・1963年・1969年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1953年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「第三有楽劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「第三有楽座」。1960年・1962年・1964年・1966年の住宅地図では「第三有楽」。1963年の映画館名簿では「第三有楽」。1969年の映画館名簿では「広島第三有楽劇場」。1969年の住宅地図では「第三有楽座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は駐車場。

f:id:AyC:20200730234702j:plain

(写真)第三有楽跡地にある月極駐車場。奥は広島南道路。背後は江波皿山。

f:id:AyC:20200730234709j:plain

(写真)広島南道路から見た第三有楽跡地の駐車場。