振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

静岡市清水区の映画館

f:id:AyC:20200707054740j:plain

(写真)MOVIX清水が入るエスパルスドリームプラザ

 

2020年(令和2年)6月、静岡県静岡市清水区(旧・清水市)を訪れ、最盛期の中心市街地に11館あった映画館跡地などをめぐりました。「静岡市清水区を訪れる」からの続き。

ayc.hatenablog.com

 

1. 静岡市清水区の映画館

1.1 映画館の歴史

太平洋戦争末期には清水市街地も空襲を受け、すべての映画館が焼失しますが、1946年(昭和21年)には新清水駅前に栄寿座が再建されました。1947年(昭和22年)にはさくら劇場が、1948年(昭和23年)にはセントラル劇場、東宝劇場が新清水駅前に開館し、新清水駅前に映画街が形成されます。1951年(昭和26年)には国鉄清水駅前唯一の映画館としてダイヤ劇場が開館。映画黄金期である昭和30年代前半の清水市には11館の映画館があり、うち名画座とみなと劇場を除く9館が国道149号に面していました。

全国の映画館数がピークを迎えた1960年(昭和35年)の『映画館名簿』によれば、清水市の11館は静岡市(24館)と浜松市(24館)に次いで静岡県3位であり、沼津市(10館)や、三島市(8館)、吉原市(8館)を上回っています。11館中5館が静活の経営、鉄筋コンクリート館は清水松竹劇場・清水オリオン座の1施設のみです。

1960年代後半以降は静岡県の主要都市の中でも映画館の減少スピードが速く、1980年(昭和55年)の映画館数はわずか4館。浜松市(14館)、静岡市(12館)、沼津市(11館)、焼津市(6館)、富士市(5館)に次いで静岡県6位タイでした。1989年(平成元年)には清水市から映画館がなくなり、依然として11館を有していた沼津市とは対照的な結果となっています。

1999年(平成11年)には静岡県中部初のシネコンとしてMOVIX清水が開館。2011年(平成23年)には自主上映会として夢町座の活動が開始されています。

f:id:AyC:20200707054441j:plain

(写真)かつて映画館街だった静岡鉄道静岡清水線新清水駅前。

 

1.2 映画館の文献

現在も戸田書店が発行している『季刊清水』(第40号、2007年)には、清水映画サークル協議会の山本隆茂代表による「清水映画館物語」が掲載された号があります。『浜田今昔誌』(浜田地区街づくり推進委員会文化教育委員会、1987年)や『辻の生いたちと今』(辻地区まちづくり推進委員会郷土史編集部会、1990年)でも清水市の映画館の歴史が文章で紹介されています。

f:id:AyC:20200716184607j:plain

(写真)「清水映画館物語」が掲載されている『季刊清水』戸田書店、第40号、2007年。

 

 

2. 旧清水市中心部の映画館

f:id:AyC:20200716221720p:plain

f:id:AyC:20200716222713p:plain

(写真)旧清水市中心部の映画館。地理院地図

f:id:AyC:20200717041544p:plain

(写真)1960年代の航空写真における旧清水市中心部の映画館。地理院地図

 

2.1 みなと劇場(1950年代後半-1960年代中頃)

所在地 : 静岡県清水市下清水674(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「みなと劇場」。1960年の映画館名簿では「第二東映みなと劇場」。1962年の清水市住宅明細図では「みなと劇場」。1963年の映画館名簿では「みなと劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「アーバンハイツ港橋」。最寄駅は静岡鉄道静岡清水線入江岡駅。

静岡鉄道新清水駅から南に1km歩き、港橋を通って巴川を越えた場所には、東映の二番館であるみなと劇場がありました。跡地にはマンションが立っています。近くには清水次郎長の生家がある次郎長通り商店街があります。

f:id:AyC:20200707054301j:plain

(写真)みなと劇場跡地にあるアーバンハイツ港橋。

 

2.2 栄寿座(1909年-1970年)

所在地 : 静岡県清水市相生町67(1969年)
開館年 : 1909年、1939年、1946年6月、1952年6月
閉館年 : 1970年
1950年の映画館名簿では「清水栄寿座」。『全国映画館総覧1955』によると1952年6月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「栄寿座」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「清水栄寿座」。1970年の清水市住宅明細図では「栄寿座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「秀英予備校清水本部校」。最寄駅は静岡鉄道静岡清水線新清水駅

オペラ館、敷島館、立花館などと並んで、戦前から清水にあった活動写真の常設館が栄寿座であり、1909年(明治42年)の開館です。戦後にはもっとも早く再建された映画館であり、静岡鉄道新清水駅のすぐ北にありました。跡地に建つ秀英予備校清水本部校はとても目立ちます。『まちの思い出』(清水市、1985年)には栄寿座に関する一節が設けられています。

f:id:AyC:20200707054311j:plain

(写真)左は栄寿座跡地にある秀英予備校清水本部校。右は国道149号がJR東海道本線を越える清水橋。

 

2.3 羽衣劇場(1956年-1970年代初頭)

所在地 : 静岡県清水市富士見町1-51(1969年)
開館年 : 1956年8月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「清水羽衣劇場」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「羽衣劇場」。1970年の清水市住宅明細図では「羽衣劇場」。1969年以後1973年以前に富士見町から伝馬町に移転。跡地は立体駐車場「モクサンパーク」。最寄駅は静岡鉄道静岡清水線新清水駅

静岡鉄道新清水駅から南に約1km、清水銀行本店よりも南には羽衣劇場がありました。静活が経営していた邦画の二番館です。

f:id:AyC:20200707054324j:plain

(写真)羽衣劇場跡地にあるモクサンパーク。

f:id:AyC:20200707054335j:plainf:id:AyC:20200707054346j:plain

(左)静岡県道75号清水富士宮線と羽衣劇場跡地。(右)巴川と羽衣劇場跡地。左奥の観覧車はエスパルスドリームプラザ

 

2.4 ダイヤ劇場(1946年-1970年代初頭)

所在地 : 静岡県清水市大和町28(1966年・1969年)
開館年 : 1946年9月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧1955』によると1946年9月開館。1950年・1953年の映画館名簿では「ダイヤモンド劇場」。1955年の映画館名簿では「ダイヤ劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「清水ダイヤ劇場」。1970年の清水市住宅明細図では「ダイヤ映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は清水駅前交差点南西の1978年竣工の商業ビル「カーニープレイス清水」建物北側。最寄駅はJR東海道本線清水駅

国鉄清水駅前にあった唯一の映画館がダイヤ劇場です。経営は日本映画劇場。ダイヤ劇場は二番館であり、清水東映さくら劇場や清水東宝劇場から数か月遅れて東映東宝の作品を上映していました。

f:id:AyC:20200707054406j:plain

(写真)国道149号とダイヤ劇場跡地にあるカーニープレイス清水。

f:id:AyC:20200707054425j:plainf:id:AyC:20200707054415j:plain

(左)清水駅前交差点とダイヤ劇場跡地。(右)国道149号とダイヤ劇場跡地。

 

2.5 清水松竹劇場・清水オリオン座(1956年-1973年)

所在地 : 静岡県清水市相生町9(1973年)
開館年 : 1956年12月
閉館年 : 1973年(移転閉館)
1960年・1963年の映画館名簿では「清水松竹映画劇場・清水オリオン座」。1966年・1969年の映画館名簿では「清水松竹劇場・清水オリオン座」。1970年の清水市住宅明細図では「オリオン座 松竹劇場」。1973年のゼンリン住宅地図では「清水名画座・オリオン座」。1973年に巴町168に移転。跡地は「東京海上日動火災保険静岡支社」。最寄駅は静岡鉄道静岡清水線新清水駅

戦後の映画館開館ラッシュからはかなり遅れ、映画黄金期の1956年(昭和31年)に静活によって開館したのが清水松竹劇場・清水オリオン座です。4階建てビルの1階に清水松竹劇場が、2階に清水オリオン座があったようです。

1960年(昭和35年)の清水市では鉄筋コンクリート造の唯一の映画館であり、冷暖房を完備した唯一の映画館でした。清水オリオン座の定員は800人であり、1960年(昭和35年)の清水市にあった11館の中で最大でした。1959年(昭和34年)に静岡県が刊行した『写真記録 眼でみる静岡県』(静岡県年鑑編集室、1959年)に清水市の映画館として唯一写真が掲載されていることからも、当時の清水市を代表する映画館だったことがわかります。『保存版 ふるさと静岡市』(郷土出版社、2009年)にも掲載されています。

f:id:AyC:20200707054452j:plain

(写真)清水松竹劇場・清水オリオン座跡地にある東京海上日動火災保険静岡支社。

f:id:AyC:20200707054517j:plainf:id:AyC:20200707054526j:plain

(左)市役所清水庁舎交差点と清水松竹劇場・清水オリオン座跡地。(右)国道149号と清水松竹劇場・清水オリオン座跡地。

 

2.6 清水東宝劇場(1946年-1970年代中頃)

所在地 : 静岡県清水市相生町41(1973年)
開館年 : 1946年7月
閉館年 : 1973年以後1976年以前
『全国映画館総覧1955』によると1946年7月開館。1950年の映画館名簿では「清水東宝映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「東宝劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「清水東宝劇場」。1970年の清水市住宅明細図では「清水東宝」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の住宅地図では跡地に「パチンコ駅前会館中央店」。1982年から2019年5月31日までの跡地は「ホテルサンルート清水/清水グランドホテル」建物北側。2020年6月時点の跡地は更地。最寄駅は静岡鉄道静岡清水線新清水駅

静岡鉄道新清水駅前の3館の中で中央にあったのが清水東宝劇場です。三和興行の経営であり、東宝の作品を上映していました。1960年の『映画館名簿』ではセントラル劇場が345席、清水東宝劇場が350席、清水東映さくら劇場が428席と、3館は劇場の規模も似通っています。『写真集 清水いまむかし』(郷土出版社、1987年)や『保存版 ふるさと静岡市』(郷土出版社、2009年)に掲載されています。

清水東映さくら劇場の跡地と同様に、清水東宝劇場の跡地にはホテルサンルート清水/清水グランドホテルがありましたが、2019年(令和元年)以後に解体されて更地となっています。

f:id:AyC:20200707054551j:plainf:id:AyC:20200707054600j:plain

(左)清水東宝劇場跡地にある清水グランドホテル解体現場。(右)国道149号と清水東宝劇場跡地。

 

2.7 セントラル劇場(1946年-1970年代中頃)

所在地 : 静岡県清水市相生町35(1973年)
開館年 : 1946年7月
閉館年 : 1973年以後1976年以前
『全国映画館総覧1955』によると1946年7月開館。1950年の映画館名簿では「清水セントラル劇場」。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「セントラル劇場」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「清水セントラル劇場」。1970年の清水市住宅明細図では「セントラル劇場」。1973年の映画館名簿では「清水松竹セントラル劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「アットパーク清水相生町」。最寄駅は静岡鉄道静岡清水線新清水駅

静岡鉄道新清水駅前の3館の中で一番北にあったのがセントラル劇場です。栄寿座、清水松竹劇場・清水オリオン座と同じく静活の経営であり、洋画を上映していました。『写真集 清水いまむかし』(郷土出版社、1987年)や『保存版 ふるさと静岡市』(郷土出版社、2009年)に掲載されています。

f:id:AyC:20200707054613j:plain

(写真)清水松竹セントラル劇場跡地にある有料駐車場。

 

2.8 清水東映さくら劇場(1945年-1970年代末)

所在地 : 静岡県清水市相生町8-12(1978年)
開館年 : 1945年12月
閉館年 : 1978年以後1980年以前
『全国映画館総覧1955』によると1945年12月開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「さくら映画劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「清水東映さくら劇場」。1970年の清水市住宅明細図では「さくら映画劇場」。1973年のゼンリン住宅地図では「清水東映」。1978年の住宅地図では「清水東映さくら」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年から2019年5月31日までの跡地は「ホテルサンルート清水/清水グランドホテル」建物北側。2020年6月時点の跡地は更地。最寄駅は静岡鉄道静岡清水線新清水駅

静岡鉄道新清水駅前の3館の中で一番南にあったのが清水東映さくら劇場です。清水東宝劇場の跡地と同様に、清水東映さくら劇場の跡地にはホテルサンルート清水/清水グランドホテルがありましたが、2019年(令和元年)以後に解体されて更地となっています。『写真集 清水いまむかし』(郷土出版社、1987年)や『目で見る清水100年史』(静岡郷土出版社、1990年)や『保存版 ふるさと静岡市』(郷土出版社、2009年)に掲載されています。

f:id:AyC:20200707054626j:plain

(写真)国道149号の新清水駅前。右は清水東宝劇場・清水松竹セントラル劇場・清水東映さくら劇場跡地、左奥は栄寿座跡地。

 

2.9 清水名画座/羽衣劇場(1950年代後半-1980年代後半)

所在地 : 静岡県清水市江尻東3-9-25(1985年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1985年以後1989年以前
1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「清水名画座」。1970年の清水市住宅明細図では「名画座」。1970年以後1973年以前に富士見町から羽衣劇場が清水名画座の場所に移転。1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「清水羽衣劇場」。1978年の住宅地図では「羽衣劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はアパート「第3埼京ハウス」。最寄駅はJR東海道本線清水駅

JR清水駅と静岡鉄道新清水駅の中間地点、現在は住宅地となっている場所に清水名画座/羽衣劇場がありました。1960年の『映画館名簿』では太田くらによる個人経営でしたが、1968年(昭和43年)に静活の経営に変わったようです。『保存版 ふるさと静岡市』(郷土出版社、2009年)に掲載されています。

f:id:AyC:20200707054640j:plain

(写真)清水名画座/羽衣劇場跡地にある第3埼京ハウス。

 

2.10 清水ボウリングセンター(1973年-1989年)

所在地 : 静岡県清水市巴町4-1(1985年)
開館年 : 1966年以後1969年以前、1973年
閉館年 : 1989年8月31日
1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1973年の映画館名簿では「清水シネサロンスカラ座」。1973年のゼンリン住宅地図では「清水ボウリングセンター(スカラ座)」。1973年に相生町の清水名画座と清水オリオン座が清水ボウリングセンターに移転。1976年の映画館名簿では「清水オリオン座・清水名画座・清水シネサロンスカラ座」(3館)。1978年の住宅地図では「清水ボウリングセンター 名画座 オリオン座 スカラ座」。1980年・1985年の映画館名簿では「清水オリオン座・清水名画座・清水スカラ座」(3館)。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「清水年金事務所」。最寄駅は静岡鉄道静岡清水線新清水駅

1973年(昭和48年)には相生町にあった清水名画座と清水オリオン座が移転する形で、巴町の清水ボウリングセンターが3館を有する複合映画館となっています。1989年(平成元年)4月にスカラ座が閉館し、同年8月31日にオリオン座と名画座も閉館したことで、清水市から映画館がなくなりました。この際に映写機2台が静活から清水市民文化会館に寄贈されています。『写真集 清水いまむかし』(郷土出版社、1987年)に掲載されています。清水市最後の映画館だったことから、閉館時には日本経済新聞に閉館を伝える記事が掲載されました。

f:id:AyC:20200707054652j:plain

(写真)清水ボウリングセンター跡地にある清水年金事務所

f:id:AyC:20200707054725j:plainf:id:AyC:20200707054714j:plain

(左)清水ボウリングセンター跡地と静岡鉄道巴町踏切。(右)清水ボウリングセンター跡地と巴町通り。

 

2.11 MOVIX清水(1999年-)

所在地 : 静岡県静岡市清水区入船町13-15 エスパルスドリームプラザ4階(2015年)
開館年 : 1999年10月8日
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の映画館名簿では「MOVIX清水1-8」(8館)。2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「MOVIX清水1-9」(9館)。9スクリーンのシネコン。最寄駅は静岡鉄道静岡清水線新清水駅

清水ボウリングセンターの閉館から10年後の1999年(平成11年)、エスパルスドリームプラザシネコンのMOVIX清水が開館しました。清水市静岡市を含む静岡県中部初のシネコンです。8スクリーンのシネコンとして開館し、やがて9スクリーンとなっています。

現在の静岡県中部には2009年(平成21年)開館の藤枝シネ・プレーゴと2011年(平成23年)開館のシネシティザートを含めて3サイトのシネコンがありますが、いずれも中心市街地もしくは中心駅前の大型商業施設内にあります。

f:id:AyC:20200717004053j:plain

(写真)MOVIX清水のロビー。

f:id:AyC:20200717004049j:plainf:id:AyC:20200717004345j:plainf:id:AyC:20200717004335j:plain

(写真)MOVIX清水。(左)自動発券機。(中)おさきにNet。(右)コンセッション。
 

2.12 夢町座(2011年-)

所在地 : 静岡市清水区真砂町2-31
開館年 : 2011年
閉館年 : 営業中
公式サイト : 夢町座
映画館名簿には掲載されていない。17席のミニシアター。全蓋式アーケードの清水駅前銀座商店街の北端部にある名称不明のビルの2階。最寄駅はJR東海道本線清水駅

2011年(平成23年)にはJR清水駅前の商業ビル内に、毎月下旬の連続する8日間のみ営業する映画館として夢町座が開館しました。映画館名簿には掲載されていません。コロナ禍の影響もあって2020年4月・5月・6月のの上映会は休映でしたが、4カ月ぶりの上映会となる7月25日(土)~8月1日(土)には『パリに見いだされたピアニスト』を上映するそうです。

なお、2020年1月25日(土)~2月1日(土)にはオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督作品『ダイアナ』を、2月22日(土)~2月29日(土)にはアスガー・ファルハディ監督作品『誰もがそれを知っている』を、3月28日(土)~4月4日(土)には佐々部清監督作品『この道』を上映しています。

f:id:AyC:20200707054752j:plain

(写真)夢町座が入るビル。

f:id:AyC:20200707054827j:plainf:id:AyC:20200707054817j:plain

(左)清水駅前銀座商店街北端部と夢町座が入るビル。(右)清水駅前銀座商店街。

 

 

3. 旧清水市郊外・旧蒲原町・旧由比町の映画館

清水市中心部にあった映画館のほかには、旧清水市の三保地区に1館、旧清水市の興津地区に1館、旧庵原郡蒲原町に2館、旧庵原郡由比町に1館の映画館がありました。

f:id:AyC:20200716221757p:plain

(写真)旧清水市の映画館。地理院地図

 

3.1 興津公会堂(1960年代初頭-1965年頃)

所在地 : 静岡県清水市興津中町429(1965年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1962年の清水市住宅明細図では「興津公会堂」。1963年の映画館名簿では「興津中宿公会堂」。1965年の映画館名簿では「中町公会堂」。1965年の映画館名簿では280席、東映大映を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ファミリーマート清水興津駅前店」駐車場。最寄駅はJR東海道本線興津駅

旧・清水市興津地区にも映画館がありました。住宅地図に「興津公会堂」として描かれている施設が、映画館名簿で「興津中宿公会堂」または「中町公会堂」として登場する映画館と同一の施設であると判断しています。「清水映画館物語」には「興津駅近くには開情館という不定期上映の映画館があったようだ」と書かれていますが、開情館は興津公会堂と同一の施設であると思われます。

 

3.2 蒲原オリオン(1931年-1965年頃)

所在地 : 静岡県庵原郡蒲原町神沢198(1969年)
開館年 : 1931年6月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧1955』によると1931年6月開館。1955年の映画館名簿では「蒲原桜座」。1958年・1960年の映画館名簿では「桜座」。1960年の富士川・蒲原地区明細図では「桜座映画館」。1963年の映画館名簿では「蒲原オリオン座」。1966年・1969年の映画館名簿では「蒲原オリオン」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「蒲原聖母幼稚園」北東隣の民家。最寄駅はJR東海道本線蒲原駅

旧・庵原郡蒲原町に2館あった映画館の片方が蒲原オリオンであり、1950年代の映画館名簿には桜座という名称で登場します。蒲原映画劇場とは2km以上離れており、最寄駅も異なります。『目でみる庵原の歴史 富士川・蒲原・由比』(緑星社出版部、1982年)には桜座の写真が掲載されています。

 

3.3 三保劇場(1950年代後半-1960年代後半)

所在地 : 静岡県清水市三保宮方192(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「三保劇場」。1962年の清水市住宅明細図では「三保劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ほっともっと清水三保店」北側の空き地。最寄駅は静岡鉄道静岡清水線新清水駅

旧・清水市の三保半島には三保劇場がありました。三保半島には1984年(昭和59年)まで国鉄清水港線が通じていました。

 

3.4 由比映画劇場(1923年-1970年代初頭)

所在地 : 静岡県庵原郡由比町336(1969年)
開館年 : 1923年5月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧1955』によると1923年5月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「由比映画劇場」。1960年の由比・蒲原地区明細図では「由比劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「角田生花店」。最寄駅はJR東海道本線由比駅

旧・庵原郡由比町には由比映画劇場がありました。『目でみる庵原の歴史 富士川・蒲原・由比』(緑星社出版部、1982年)や『目で見る清水100年史』(静岡郷土出版社、1990年)には由比町にあった巴座という映画館の写真が掲載されており、巴座は「由比町唯一の映画館」だったとされますが、巴座と由比映画劇場が同一施設であることの確証は得られていません。

 

3.5 蒲原映画劇場(1946年-1980年代前半)

所在地 : 静岡県庵原郡蒲原町蒲原1525-1(1980年)
開館年 : 1946年6月
閉館年 : 1980年以後1985年以前
『全国映画館総覧1955』によると1946年6月開館。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「蒲原映画劇場」。1963年の映画館名簿によると経営者と支配人は井上巳好、木造平屋建て、収容人員270人。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「蒲原劇場」。1969年の映画館名簿によると経営者と支配人は井上己好、木造平屋建て冷暖房あり、収容人員350人、大映東映・洋画を上映。1973年の映画館名簿によると経営者と支配人は井上己好、木造平屋建て冷暖房あり、収容人員350人、松竹・東宝東映・洋画を上映。1977年の映画館名簿によると経営者と支配人は井上巳好、木造平屋建て冷暖房あり、収容人員250人、邦画・洋画・成人映画を上映。1980年の映画館名簿では「蒲原映画劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。登録有形文化財「志田家住宅」の南南西100mに建物が現存。静岡県道396号沿いの「ファミリーマート蒲原本町店」の西50m。最寄駅はJR東海道本線新蒲原駅

旧・庵原郡蒲原町にあった蒲原映画劇場は、旧東海道と県道396号(東海道)に挟まれた場所に映画館の建物が現存しており、ホールの天井高を活かして材木置き場として使用されています。2014年(平成26年)には「するがのくにの芸術祭 富士の山ビエンナーレ」の会場のひとつになったようです。『目でみる庵原の歴史 富士川・蒲原・由比』(緑星社出版部、1982年)に掲載されています。

f:id:AyC:20200716182958j:plain

(写真)建物が現存する蒲原映画劇場。2019年夏。

f:id:AyC:20200716183007j:plainf:id:AyC:20200716183015j:plainf:id:AyC:20200716183049j:plain

(写真)材木置き場として使用されている蒲原映画劇場の建物。2019年夏。

 

静岡市清水区の映画館について調べたことは「静岡県の映画館 - 消えた映画館の記憶」にまとめており、跡地については「消えた映画館の記憶地図(中部版)」にマッピングしています。

hekikaicinema.memo.wiki

www.google.com