振り返ればロバがいる

Wikipediaの利用者であるAsturio Cantabrioによるブログです。「かんた」「ロバの人」などとも呼ばれます。愛知県在住。東京ウィキメディアン会所属。ウィキペディアタウンの参加記録、図書館の訪問記録、映画館跡地の探索記録などが中心です。文章・写真ともに注記がない限りはクリエイティブ・コモンズ ライセンス(CC BY-SA 4.0)で提供しています。著者・撮影者は「Asturio Cantabrio」です。

祖父江町の映画館

f:id:AyC:20190725072302j:plain

(写真)かつて映画館「新豊座」だったパチンコ大和の廃墟。

 

2019年7月には愛知県稲沢市の祖父江地区を訪れ、かつて祖父江町にあった映画館「新豊座」跡地や稲沢市立祖父江の森図書館を訪れました。祖父江町にあった映画館について調べたことは「尾張西部の映画館 - 消えた映画館の記憶」に掲載しており、その所在地については「消えた映画館の記憶地図」にマッピングしています。

hekikaicinema.memo.wiki

 

www.google.com

 

 

1. 稲沢市祖父江地区を訪れる

1.1 イチョウと植木/苗木の町

中島郡祖父江村が町制を施行したのは約120年前の1896年(明治29年)。現在の祖父江地区は尾張地方で目立つ町ではないため、町制施行がこれだけ古いことに驚きます。祖父江町 - Wikipediaを見ると、1921年(大正10年)の祖父江町の人口は約1万3000人もありました。海部郡津島町とほぼ同等、中島郡稲沢町よりも多く、愛知県では第13位の人口を有する大規模な自治体だったようです。ただし歴史的にみれば、尾張国府や美濃路の宿場町が置かれた稲沢市のほうが町の格は高く、2005年には祖父江町平和町稲沢市編入されています。

祖父江地区の特産品としてはギンナンがあり、愛知県で生産されるギンナンの97%、全国で生産されるギンナンの約30%が祖父江町産だそうです。名鉄尾西線山崎駅の近くには祐専寺がありますが、山崎地区に植えられたイチョウの原木があることから、毎年晩秋には「そぶえイチョウ黄葉まつり」の会場のひとつになります。山崎地区にはとてもイチョウ畑が多く、下に掲載した航空写真に写っている林の大半はイチョウ畑です。

f:id:AyC:20190725072312j:plainf:id:AyC:20190725072321j:plain

(写真)祐専寺。(左)「祐専寺のイチョウ」と本堂。(右)稲沢市指定天然記念物「祐専寺のイチョウ」。

f:id:AyC:20190725095609p:plain

(写真)山崎地区のイチョウ畑。国土地理院 地理院地図 航空写真 全国最新写真に加筆

 

祖父江地区や旧稲沢市地場産業としては植木/苗木が知られており、稲沢は川口(埼玉県)・池田(大阪府)・久留米(福岡県)とともに日本の「四大植木生産地」のひとつとされています。もっとも植木業者が多いのは稲沢市矢合町周辺ですが、名鉄尾西線沿線の祖父江地区にも多くの植木/苗木畑があります。植木/苗木畑の背後にイチョウ畑があることも多く、単純な野菜畑はほとんど見られません。

f:id:AyC:20190725072330j:plainf:id:AyC:20190725072340j:plain

(左)苗木畑とイチョウ畑。(右)苗木畑。 

f:id:AyC:20190725072350j:plainf:id:AyC:20190725072359j:plain

 (左)サトイモ畑とイチョウ畑。(右)サトイモ畑と植木畑とイチョウ畑。

 

1.2 新町通り

「そぶえイチョウ黄葉まつり」直前の11月には何度か祖父江地区を訪れており、また何度も稲沢市立祖父江の森図書館を訪れていますが、祖父江地区の中心市街地を訪れたのは初めてです。中心市街地にある善光寺東海別院 - Wikipediaは本堂が立派で、本堂の正面では蓮の花が見頃でした。

f:id:AyC:20190725072408j:plainf:id:AyC:20190725072428j:plain

 (左)善光寺東海別院本堂。(右)東海別院境内に咲くハスと涅槃像。

 

岐阜県羽島市から木曽川を越えて愛知県名古屋市に至る八神街道は、祖父江町中心市街地では新町通りと呼ばれており、通り沿いには商店街「新町発展会」が形成されています。中心市街地の南端には旧村社の高熊八幡社がありますが、新町通りの商店街の西端付近と東端付近には小規模な神社があり、商店街の東西の神社間の距離を測ると約350mでした。新町通りの東側には木造の旅館「澄川屋」がありますが、花乃屋菓子舗の店主によると「平成15-16年に廃業した」とのことです。この静かな町で平成の中頃まで旅館が営業していたことに驚きます。

f:id:AyC:20190725072436j:plainf:id:AyC:20190725072444j:plain

 (写真)新町通りの商店街「新町発展会」東部。(左)料理屋「びやす」や旅館「澄川屋」。(右)旅館「澄川屋」。

f:id:AyC:20190725072700j:plain

 (写真)主人に話を聞いた「花乃屋菓子舗」。

 

 

2. 祖父江町の映画館

2.1 新豊座(-1960年代中頃)

所在地 : 愛知県中島郡祖父江町祖父江南川原(1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「新豊座」。1955年・1960年の映画館名簿では「新富座」。1963年の映画館名簿では「新豊座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。2015年には合名会社新豊座が稲沢市祖父江町祖父江南川原94番地に設立されている。跡地は「ダイワパチンコ」の廃墟。

 

1950年代から1960年代の映画館名簿には、祖父江町中心市街地の映画館として「新豊座」(しんとよざ)が登場します。1956年(昭和31年)の祖父江町の商工会員名簿には「演劇・映画」の欄に高木屋興行と酒井興行が掲載されていますが、新豊座を経営していたのがどちらなのかは不明です。『祖父江町史』には祝賀会場として新豊座が使われたという一文がありますが、その歴史などについては触れられていません。もっとも古い祖父江町の住宅地図は『全商工住宅案内図帳』であり、映画館が存在していた時期の住宅地図はないようです。要するに、稲沢市立中央図書館や稲沢市立祖父江の森図書館の文献ではこの映画館のことがほとんど何もわかりません。

Google ストリートビュー祖父江町中心市街地を閲覧していた際から気になっていたのが、巨大なパチンコ大和の廃墟です。この廃墟は新町通りの商店街の西端近くにあり、通りから約20m奥まった場所に建物の入口があります。建物の規模といい立地と言い閉館後の活用方法といい、典型的な映画館跡地に見えますか 、ここに新豊座があったのでしょうか。

f:id:AyC:20190725072618j:plain

(写真)かつて映画館「新豊座」だったパチンコ大和の廃墟。

 

まずはこの廃墟を訪れて建物の周囲を確認しましたが、映画館だったことを示すものは見つかりませんでした。東側の路地に沿った建物の増築部分にスナック「硝ノ靴」がありましたが、とても営業しているようには見えません。そこで中心市街地の「花乃屋菓子舗」で60-70代と思われる店主に聞いてみると、やはりこの廃墟が映画館「新豊座」で間違いないとのことでした。

新町通りの商店街の発展策として地元有志が出資して開館した映画館だそうで、名称は新町通りに由来するそうです。映画館としての閉館後はアオキスーパーの店舗となり、その後パチンコ大和になったそうです。パチンコ大和が閉店してから久しいものの、開館時に出資した組合が残っているため安易に取り壊せないとのことでした。

花乃屋菓子舗の南側には大きな工場がありますが、この場所には1950年(昭和25年)から1951年(昭和26年)頃に開館した芝居小屋があったそうで、浪曲師の三波春夫が来館したこともあったそうです。芝居小屋と新豊座は同時期に存在していたとのことですが、主人はこの芝居小屋の名前は思い出せないとのことでした。

f:id:AyC:20190725072625j:plainf:id:AyC:20190725072633j:plain

 (写真)かつて映画館「新豊座」だったパチンコ大和の廃墟。

f:id:AyC:20190725072644j:plainf:id:AyC:20190725072652j:plain

 (写真)かつて映画館「新豊座」だったパチンコ大和の廃墟。

f:id:AyC:20190725091654p:plain

(写真)1960年代の新町通り国土地理院 地理院地図 1961年-1969年に加筆

f:id:AyC:20190725091701p:plain

(写真)2009年の新町通り国土地理院 地理院地図 航空写真 全国最新写真に加筆

 

2.2 森上会館(-1960年代中頃)

所在地 : 愛知県中島郡祖父江町森上(1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「森上会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1960年代の航空写真を見ると、名鉄尾西線森上駅北東すぐのアパート「セブンスアゼリア」の場所には大きな建物があり、1970年の全商工住宅案内図帳では「倉庫」と記されているが、関連は不明。

 

1950年代から1960年代の映画館名簿を見ると、祖父江町には新豊座のほかに「森上会館」(もりかみかいかん)という映画館も掲載されています。祖父江町にあった商店街は新町発展会と森上発展会の2つであり、森上発展会は名鉄尾西線森上駅の南東側、線路を挟んで東西に延びています。森上発展会は新町通りと同じく八神街道沿いにあり、新町通りからの距離は2.2km。森上発展会は新町発展会よりも営業中の店舗が少なく、衣料品店や八百屋やよろず屋がわずかに店を開けているだけでした。新町発展会にも森上発展会にも、イチョウの葉をデザインした洒落た街路灯があります。

商店街の近くで座っていた80代と思われる女性に映画館について聞いてみましたが、「映画館などなかった」と即答されてしまいました。花乃屋菓子舗の主人に聞いた時も「森上駅近くに映画館があったかどうかは知らない」とのことでした。映画館名簿には掲載されているものの、年に数回興行を行う程度の芝居小屋だったのかもしれません。

1960年代の航空写真を見ても劇場らしき巨大な建物は見あたらないのですが、森上駅の北東にぽつんと存在する、2階建てらしき影のある建物が気になりました。1970年の『全商工住宅案内図帳』では「倉庫」と記されており、現在はこの場所にアパート「ゼブンスアゼリア」が建っています。

f:id:AyC:20190725072707j:plainf:id:AyC:20190725072736j:plain

(写真)名鉄森上駅前の商店街「森上発展会」。八百屋「八百トウ商店」。

f:id:AyC:20190725072742j:plainf:id:AyC:20190725072753j:plain

 (左)名鉄森上駅前の商店街「森上発展会」の街路灯。(右)名鉄森上駅。左奥はアパート「セブンスアゼリア」。

f:id:AyC:20190725092833p:plain

(写真)1960年代の森上発展会。国土地理院 地理院地図 1961年-1969年に加筆

 

3. 稲沢市立祖父江の森図書館

稲沢市立祖父江の森図書館は中島郡祖父江町時代に開館した図書館であり、稲沢市祖父江の森と呼ばれる文化ゾーンの一角にあります。イチョウで知られる町だけに、図書館の建物はイチョウの葉を模した形状であり、館内にはイチョウの葉がデザインされたカーペットが敷かれています。祖父江の森の周辺にも多数の植木畑/苗木畑やイチョウ畑があります。

f:id:AyC:20190725072801j:plainf:id:AyC:20190725072815j:plain

(左)稲沢市立祖父江の森図書館。(右)稲沢市祖父江の森の敷地入口と図書返却ポスト

f:id:AyC:20190725094019p:plain

(写真)稲沢市祖父江の森。国土地理院 地理院地図 全国最新写真に加筆